研究者
J-GLOBAL ID:201001042087177142   更新日: 2020年06月03日

若菜 宣明

Wakana Noriaki
論文 (17件):
  • 若菜真実, 山崎裕子, 岩佐太一朗, 武藤美紀子, 部谷祐紀, 本間和宏, 田中越郎, 若菜宣明. 性周期における主観的排便意識と客観的便形状の変動. 日本健康医学会雑誌. 2018. 26. 4. 222-231
  • 若菜宣明, 若菜真実, 本間和宏. 食べ物と腸内細菌-特に発酵食品-. 日本母乳哺育学会雑誌. 2017. 11. 1. 19-24
  • 福山直人, 福井早矢人, 静間徹, 若菜宣明, 石渡一夫, 軣木喜久江, 関根佳織, 今関良子, 長野正信, 田中越郎. 高分子デキストラン硫酸(DSS)誘発大腸炎モデルにおける黒酢の有効成分の検討. 栄養. 2016. 1. 1. 20-25
  • 若菜宣明, 軣木喜久江, 一場博 幸, 田中越郎, 樫村修生, 本間和宏. 群馬県片品村の宿泊施設で提供される食事の栄養学的検討. 日本健康医学会雑誌. 2015. 24. 2. 171-177
  • K. Homma, Y. Wada, M. Enomoto, S. Obi, N. Wakana, E. Tanaka. Zinc deficiency in end-stage hepatocellular carcinoma patients treated with chemotherapy. Journal of Agriculture Science, Tokyo University of Agriculture. 2013. 58. 3. 194-198
もっと見る
MISC (4件):
  • 若菜宣明, 山﨑裕子, 若菜真実, 岩佐太一朗, 部谷祐紀, 本間和宏, 田中越郎. 食物アレルギーの食事療法. アレルギーの臨床. 2017. 37. 503. 50-53
  • M. Yamaguchi, N. Wakana, E.Tanaka, K. Homma. Eating Disorders in Japan: A Comparison with The USA. Journal of Agriculture Science, Tokyo University of Agriculture. 2015. 60. 3. 169-177
  • Kazuhiro Homma, Noriaki Wakana, Hiroshi Ushijima, Etsuro Tanaka. Immune factors in breast milk --Immunogloblin and apoptosis of human milk cells--. 日本母乳哺育学会雑誌. 2013. 7. 1. 42-54
  • 若菜宣明, 軣木喜久江, 本間和宏, 田中越郎. 高齢者の栄養管理とリハビリテーション「加齢による栄養状態と身体機能の変化」. 理療. 2012. 41. 4. 1-8
書籍 (5件):
  • Nブックス 臨床栄養学概論
    建帛社 2018
  • 調理1
    実教出版 2015 ISBN:9784407335750
  • 最新 臨床栄養学 新ガイドライン対応
    光生館 2013 ISBN:9784332020929
  • 看護大辞典 第二版
    医学書院 2010 ISBN:9784260005135
  • 管理栄養士 全科のまとめ 改訂3版
    南山堂 2007 ISBN:9784525632939
講演・口頭発表等 (33件):
  • 授乳婦における緑茶の摂取状況調査
    (第32回日本母乳哺育学会・学術集会 2017)
  • 容器の有無による盛り付け量の変動
    (第71回日本栄養・食糧学会大会 2017)
  • 月経周期が排便習慣に及ぼす影響
    (第71回日本栄養・食糧学会大会 2017)
  • 食物繊維と乳酸菌摂取による血中IgE濃度及び血糖値の変動
    (第20回日本病態栄養学会学術集会 2017)
  • 月経周期と排便周期
    (第26回日本健康医学会総会 2016)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る