研究者
J-GLOBAL ID:201001045906746010   更新日: 2020年02月18日

佐々木 祐

ササキ タスク | Sasaki Tasuku
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 社会学 ,  文化人類学、民俗学 ,  地域研究
研究キーワード (3件): ラテンアメリカ社会研究 ,  共同体史 ,  先住民運動
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2024 メキシコにおける中米移民の社会関係形成過程と生活世界の構造
  • 2017 - 2021 世界文化〈資本〉空間の史的編成をめぐる総合的研究:アフリカ・カリブの文学を中心に
  • 2016 - 2020 <ジェンダーに基づく暴力複合>の文化人類学的研究
  • 2017 - 2020 「300年から読み解く日本の家族/人口論」の構築へむけた実証研究
  • 2015 - 2018 常態化した紛争が生成する新たな社会関係:メキシコ先住民運動を結節点として
全件表示
論文 (6件):
  • 佐々木 祐. <特集論文 1>「縦深国境地帯」としてのメキシコ -- 中米移民をとりまく空間編成と社会関係についての試論. コンタクト・ゾーン = Contact zone. 2017. 9. 2017. 242-263
  • 佐々木 祐. 移動する身体 : メキシコにおける中米移民の現状から (特集 変容する「フィールド」から). 社会学雑誌. 2016. 33. 69-89
  • 佐々木 祐. 共同的映像のひらく可能性 : メキシコ・チアパス地域先住民の実践から. 立命館言語文化研究. 2010. 21. 3. 193-202
  • 佐々木 祐. 「先住民共同体」はいかに「構築」されたのか?--ニカラグア;1880〜1920 (特集 共生の可能性と限界プロジェクト) -- (土地をめぐる法体系の葛藤). 立命館言語文化研究. 2006. 17. 3. 41-54
  • 佐々木 祐. 「先住民」と「法」の問題:一八八一年、ニカラグア先住民叛乱を事例として. ソシオロジ. 2004. 48. 3. 19-33,145
もっと見る
MISC (2件):
  • 佐々木 祐. メキシコ先住民運動の再編とサパティスタの新世代 : EZLN「小さな学校 エスクエリータ」の経験から. インパクション. 2014. 194. 142-154
  • 佐々木 祐. サンディニスタの回帰?--ニカラグア大統領選をめぐって (特集 ラテンアメリカの地殻変動--その可能性と問題点). インパクション. 2007. 159. 50-56
書籍 (4件):
  • ニカラグアを知るための55章
    明石書店 2016
  • 持続型生存基盤論ハンドブック
    京都大学学術出版会 2012
  • 社会学ベーシックス3 文化の社会学
    世界思想社 2009
  • ポスト・ユートピアの人類学
    人文書院 2008
講演・口頭発表等 (8件):
  • 縦深国境地帯における生:メキシコにおける中米移民
    (日本ラテンアメリカ学会第38回定期大会 2017)
  • 地方社会における国際結婚-H県T地方におけるアンケート調査を中
    (第88回日本社会学会大会 2015)
  • 先住民自治構築の課題と現状-Escuelitaの事例から
    (日本ラテンアメリカ学会第35回定期大会 2014)
  • La estrategia de la vida autónoma en una crisis prolongada
    (Consejo de Estudios Latinoamericanos de Asiya y Oceanía, 6ta Conferencia 2014)
  • El Movimiento Solidario al Pueblo Latino -americano en Japón
    (The Second ISA Forum of Sociology 2012)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2011 京都大学 大学院文学研究科博士後期課程修了
学位 (2件):
  • 修士(国際関係学) (神戸市外国語大学)
  • 博士(文学) (京都大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る