研究者
J-GLOBAL ID:201001047131177785   更新日: 2020年12月30日

丸山 晴男

マルヤマ ハルオ | Maruyama Haruo
所属機関・部署:
職名: 研究所長,代表
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 足利大学  総合研究センター   客員研究員,非常勤講師
  • 岐阜県立中津川工業高等学校  電子機械科   常勤講師
ホームページURL (1件): http://ena-eco.jp
研究分野 (6件): 教育工学 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  大気水圏科学 ,  教科教育学、初等中等教育学 ,  科学教育
研究キーワード (25件): Web ,  環境保全 ,  環境 ,  Information education ,  Science education ,  Data acquisition ,  Environmental education ,  Natural energy ,  Internet ,  Family use ,  Meteorological data ,  Micro wind power generation ,  Photovoltaic generation ,  Photovoltaics ,  情報教育 ,  理科教育 ,  環境教育 ,  家庭用 ,  データ収集 ,  気象データ ,  ライブ気象台 ,  自然エネルギー ,  マイクロ風力発電 ,  風力発電 ,  太陽光発電
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2010 - 2010 家庭における自然エネルギーの有効利用と環境測定に関する研究
  • 2005 - 2005 自然エネルギーの利用と気象環境測定によるエネルギー環境教育・開発に関する研究
  • 2004 - 2004 自然エネルギーの利用及び環境調査観測によるエネルギー環境教育・開発に関する研究
  • 2001 - 2001 身近な生活と結びつけた環境教育を通した、情報活用能力の育成に関する研究
  • 1999 - 1999 地域を生かした環境教育のあり方に関する研究
論文 (26件):
  • 丸山 晴男, 中條 祐一. 「単位とその歴史」を導入とした工学教育に関する一考察. 日本技術史教育学会2019年度総会研究発表講演論文集. 2019. 35-38
  • 丸山 晴男, 中條 祐一. 各種機器分析の化学史と化学分析手法を工学教育に活用する一考察 : 応用化学の実用化の過程を核に、生徒の好奇心を引き出す高等学校理科授業実践. 技術史教育学会誌 = The Journal of education for history of technology. 2019. 20. 2. 29-34
  • 丸山 晴男, 中條 祐一. 中学教育3年間の理科と技術科に一貫して工学的視点を取り入れることの効果. 工学教育. 2019. 67. 6. 6_96-6_101
  • 丸山 晴男, 中條 祐一. 3E01 中学教育3年間すべての理科と技術科に工学的視点を取り入れることの効果:コース別スクランブル方式による理科4学系と技術4領域の共有化を通して. 工学教育研究講演会講演論文集. 2018. 2018. 0. 446-447
  • 丸山 晴男, 中條 祐一. 1B09 理科と技術科の融合による中等教育への工学的思考の導入:コース別スクランブル方式を用いたエネルギー共有分野を核として. 工学教育研究講演会講演論文集. 2017. 2017. 0. 36-37
もっと見る
Works (3件):
  • 毒物劇物取責任者
    丸山 晴男
  • 岐阜県地球温暖化防止活動推進員
    丸山晴男
  • 環境カウンセラー(環境省登録:市民部門2003221005)
    丸山晴男
受賞 (3件):
  • 2020/11 - 日本技術史教育学会 日本技術史教育学会 創立25周年記念 特別表彰
  • 2019/06 - 日本技術史教育学会 日本技術史教育学会 優秀講演論文賞 各種機器分析の化学史と化学分析手法を工学教育に活用する一考察
  • 2011/08 - 日本エネルギー環境教育学会 日本エネルギー環境教育学会賞 実践報告賞
所属学会 (4件):
日本技術史教育学会 ,  日本工学教育協会 ,  日本エネルギー環境教育学会 ,  日本太陽エネルギー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る