研究者
J-GLOBAL ID:201001048014960670   更新日: 2020年09月30日

本間 裕大

ホンマ ユウダイ | Honma Yudai
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 社会システム工学 ,  建築計画、都市計画 ,  土木計画学、交通工学 ,  情報ネットワーク
研究キーワード (5件): 社会システム工学 ,  オペレーションズ・リサーチ ,  建築計画 ,  都市計画 ,  情報ネットワーク科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2021 移動空間の平面的特性を考慮した代替燃料車の交通政策に関する数理的研究
  • 2015 - 2018 視覚情報に基づく快適・安全・有用な都市空間の設計に関する数理的研究
  • 2014 - 2017 次世代自動車の社会的普及に向けた支援インフラの整備・運用方策に関する数理的研究
  • 2011 - 2013 電気自動車の社会的普及に向けたEVステーションの整備・運用方策に関する数理的研究
  • 2009 - 2010 連鎖的流動を考慮した分布交通量の推定アルゴリズムの構築と都市分析への応用
論文 (64件):
  • 本間裕大, 白濱篤. 地域間流動データに基づく多層的な交流圏域の推定手法. 都市計画論文集. 2020. 55. 3
  • 若杉美由紀, 本間裕大, 今井公太郎. 視認の非対称性を考慮した鑑賞者の位置と総数による展示空間の数理的評価. 日本建築学会計画系論文集. 2020. 775. 1853-1863
  • Yudai Honma, Kimiro Meguro. Traffic Impacts of On-Street Parking Cars on Secondary North-South Streets in Downtown Yangon. Journal of Disaster Research. 2020. 15. 4. 520-529
  • Evaluation of urban sunshine environment by shadow simulation. In Proceedings of 18th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia (USMCA 2019),. 2019
  • Hiroyuki Hasada, Yudai Honma. Optimization model to estimate cognitive distances from travel data. In Proceedings of 18th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia (USMCA 2019). 2019
もっと見る
MISC (105件):
  • 本間裕大, 野畑剛史, 今井公太郎. 凸空間の列挙に基づく建築空間の形態評価. 日本建築学会学術講演梗概集. 2019. 573-574
  • 渡部宇子, 本間裕大, 本間健太郎, 今井公太郎. 高層建築物群による複合日影がもたらす日照環境. 2019. 575-576
  • 若杉美由紀, 本間裕大, 今井公太郎. 他者の視認量とその非対称性を考慮した最適鑑賞位置に関する数理的研究. 日本建築学会学術講演梗概集. 2019. 583-584
  • 宗政由桐, 本間裕大, 向井 歩. ゾーニングと部屋の結びつきを考慮した室配置最適化モデル. 日本建築学会学術講演梗概集. 2019. 621-622
  • 本間裕大, 目黒公郎. 確率的な面的障害の発生を想定したヤンゴン市道路網における最大フロー. 東京大学生産技術研究所・生産研究. 2019. 71. 4. 807-811
もっと見る
書籍 (1件):
  • 空間解析入門 : 都市を測る・都市がわかる
    朝倉書店 2018 ISBN:9784254163568
講演・口頭発表等 (68件):
  • Relationships between AFV Demand Assumptions and AFS Optimal Locations: A Case Study of Tokyo
    (INFORMS Annual Meeting 2019)
  • Analysis of Streetscape Impression Based on Deep Learning for Autonomous Vehicles
    (INFORMS Annual Meeting 2019)
  • The Robustness of Networks Regarding Spatial Relationships of Multiple Routes
    (In Invited Faculties Section at 8th Joint student seminar on civil infrastructures 2019)
  • Visualiazation of Implied Boundary: Focusing on Flow Matrix
    (8th Joint student seminar on civil infrastructures 2019)
  • Effects of Composite Shadows on City Blocks by Multiple Buildings
    (International Workshop on Urban Operations Research 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2006 - 2007 慶應義塾大学 開放環境科学専攻 後期博士課程
  • 2004 - 2006 慶應義塾大学 開放環境科学専攻 前期博士課程(修士課程)
  • 2001 - 2004 慶應義塾大学 管理工学科
  • 2000 - 2001 慶應義塾大学 学門2
学位 (1件):
  • 博士(工学) (慶應義塾大学)
経歴 (7件):
  • 2017/05 - 現在 東京大学生産技術研究所 准教授
  • 2017/09 - 2018/08 アリゾナ州立大学 客員研究員
  • 2014/04 - 2017/05 東京大学生産技術研究所 講師
  • 2010/04 - 2014/03 早稲田大学高等研究所 助教
  • 2008/04 - 2010/03 首都大学東京システムデザイン学部 助教
全件表示
受賞 (6件):
  • 2018 - (公社)日本都市計画学会 2017年年間優秀論文賞
  • 2014 - 早大・JXエネルギー組織連携運営委員会 JXエネルギー優秀研究賞
  • 2011 - (社)電子情報通信学会 ネットワークシステム研究専門委員会 ネットワークシステム研究賞
  • 2008 - (社)日本都市計画学会 論文奨励賞
  • 2006 - 慶應義塾大学大学院理工学研究科 開放環境科学専攻 オープンシステムマネジメント専修 永田研究奨励賞
全件表示
所属学会 (9件):
電子情報通信学会 ,  日本建築学会 ,  日本都市計画学会 ,  日本オペレーションズ・リサーチ学会 ,  Information and Communication Engineers ,  The Institute of Electronics ,  Architectural Institute of Japan ,  The City Planning Institute of Japan ,  The Operations Research Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る