研究者
J-GLOBAL ID:201001051261012394   更新日: 2020年06月10日

金子 淳

カネコ アツシ | Kaneko Atsushi
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): https://www2.obirin.ac.jp/a-kaneko/
研究分野 (2件): 教育学 ,  文化財科学
研究キーワード (3件): 郊外・ニュータウン ,  展示表象 ,  博物館
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2023 コンテンツツーリズムにおける歴史像の構築と歴史系博物館の役割に関する実証的研究
  • 2014 - 2017 博物館における「負の記憶」の展示表象とその成立プロセスに関する実証的研究
  • 2010 - 2013 人の移動とその動態に関する民俗学的研究
  • 2009 - 2013 大学アーカイヴズ構築に向けた初歩的作業--人文学部所蔵旧制静岡高等学校関係資料の整理
  • 2009 - 2012 博物館における戦争展示とその受容に関する基礎的研究
全件表示
論文 (48件):
  • 博物館を取り巻く「物語性」をめぐって--「観光立国」政策と日本遺産を中心に. 桜美林論考 人文研究. 2020. 11. 80-96
  • 博物館と文化財をめぐる政策的動向. 月刊社会教育. 2019. 762. 4-11
  • 博物館における場所性とオーセンティシティ. 桜美林論考 人文研究. 2019. 10. 67-80
  • 多摩地域における団地の成立とその社会的背景. 多摩のあゆみ. 2019. 173. 48-61
  • 地域・市民と向き合う博物館活動の課題--利用者のニーズと博物館の主体性をどう考えるか. 歴史学と博物館. 2018. 12. 1-10
もっと見る
MISC (43件):
  • [活動報告]大学祭におけるゼミ展示「金子ゼミ博物館へようこそ!」の実践記録. 博物館/文化遺産から社会・歴史を読み解く. 2020. 6. 221-230
  • [活動報告]大学祭におけるゼミ展示「What's Hands-on?」の実践記録. 博物館/文化遺産から社会・歴史を読み解く. 2019. 5
  • [活動報告]大学祭におけるゼミ展示「動物園・水族館の今を探る」. 博物館学芸員課程年報. 2018. 19. 3-10
  • [活動報告]大学祭におけるゼミ展示「博物館の裏側へようこそ」の成果と課題. 博物館学芸員課程年報. 2017. 18. 3-10
  • [金子ゼミ公開授業講義録]シンガポール国立博物館における戦争の展示と「昭南博物館」の記憶. 博物館/文化遺産から社会・歴史を読み解く. 2017. 3. 183-191
もっと見る
書籍 (24件):
  • 新編立川市史 資料編 現代1
    立川市 2020
  • 新編立川市史 資料編 絵図・地図
    立川市 2019
  • 羽村市史 資料編 近現代図録
    羽村市 2018
  • ニュータウンの社会史
    青弓社 2017 ISBN:9784787234278
  • 社会教育・生涯学習ハンドブック(第9版)
    エイデル研究所 2017 ISBN:9784871686044
もっと見る
講演・口頭発表等 (63件):
  • 多摩地域の団地建設と『団地白書』
    (町田市立自由民権資料館特別講座「町田の現代史」 2019)
  • 博物館と文化活動
    (静岡大学社会教育主事講習 2019)
  • 博物館と情報
    (飯能市立博物館 市民学芸員養成講座 2019)
  • 博物館と文化財をめぐる政策的動向
    (日本社会教育学会六月集会ラウンドテーブル「社会教育法70年と社会教育法制をめぐる課題」 2019)
  • ニュータウンの変遷と地域社会--多摩ニュータウンを事例に
    (松戸市立博物館講演会「歴史を語る」 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1995 東京学芸大学大学院
  • - 1993 千葉大学
学位 (1件):
  • 修士(教育学) (東京学芸大学)
経歴 (4件):
  • 2013 - 現在 桜美林大学 リベラルアーツ学群 准教授
  • 2008 - 2013 静岡大学大学院 人文社会科学研究科 准教授(併任)
  • 2007 - 2013 静岡大学 生涯学習教育研究センター 准教授
  • 1996 - 2007 多摩市立複合文化施設(パルテノン多摩)博物館部門 学芸員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る