研究者
J-GLOBAL ID:201001054141686390   更新日: 2020年08月21日

守谷 智美

モリヤ トモミ | Moriya Tomomi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 日本語教育
研究キーワード (5件): 日本語学習に関する情意要因 ,  日本語学習意欲・学習動機 ,  多文化間交流・支援 ,  研修生・技能実習生への日本語学習支援 ,  留学生支援
論文 (6件):
  • 守谷智美, 池田聖子, 和田薫子, 加賀美常美代. 多文化就労場面における台湾人元留学生の異文化間葛藤と解決方略. 台湾日本語文学報. 2017. 42. 131-156
  • 加賀美常美代, 守谷智美, 岩井朝乃. 韓国における20代の日本語上級話者の日本イメージ. お茶の水女子大学人文科学研究. 2014. 10. 66-82
  • 守谷 智美. 大学における新入留学生受け入れの現状と課題-留学生支援コミュニティ創出に向けた日本語教育の視点から-. コミュニティ心理学研究. 2012. 16. 1. 3-16
  • 加賀美常美代, 堀切友紀子, 守谷智美, 楊孟勲. 台湾における学生の日本イメージ形成 -日本への関心度と知識との関連から-. 台湾日本語文学報. 2011. 30. 345-368
  • 守谷 智美, 加賀美常美代, 楊孟勲. 台湾における日本イメージ形成 -家庭環境、大衆文化及び歴史教育を焦点として-. お茶の水女子大学人文科学研究. 2011. 7. 73-85
もっと見る
MISC (2件):
  • 台湾人元留学生の職場における自己の存在意義と職場の意味. 岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要. 2017. 2. 135-150
  • 守谷智美. 留学生支援としての日本語教育の可能性. 大学教育研究紀要. 2015. 11. 139-150
書籍 (4件):
  • 外国人研修生の日本語学習動機と研修環境
    明石書店 2020
  • アジア諸国の子ども・若者は日本をどのようにみているか-韓国・台湾における歴史・文化・生活にみるイメージ
    明石書店 2013
  • 多文化共生論 多様性理解のためのヒントとレッスン
    明石書店 2013
  • 多文化社会の偏見・差別-形成のメカニズムと提言のための教育
    明石書店 2012
講演・口頭発表等 (5件):
  • 台湾人元留学生の職場における存在意義と職場の持つ意味
    (異文化間教育学会第38回大会 2017)
  • 日本語を共通言語とする留学生コミュニティの創出 -「にほんごカフェ」における取り組み-
    (第64回中国・四国地区大学教育研究会 2016)
  • 多文化就労場面における台湾人元留学生の異文化間コンフリクトと葛藤解決方略
    (異文化間教育学会第37回大会 2016)
  • 日本語授業における留学生の心理的問題と予防的実践(シンポジウム「大学コミュニティにおける留学生の予防的支援」(座長 加賀美常美代))
    (第21回多文化間精神医学会学術総会 2014)
  • 東日本大震災後のアジア諸国の日本イメージと関連要因
    (異文化間教育学会第34回大会 2013)
学位 (1件):
  • 博士(人文科学) (お茶の水女子大学)
経歴 (5件):
  • 2017 - 現在 岡山大学 准教授
  • 2013 - 2017 岡山大学 准教授
  • 2010 - 2013 早稲田大学 准教授
  • 2006 - 2009 お茶の水女子大学 アソシエイトフェロー
  • 2005 - 2009 桜美林大学 非常勤講師
委員歴 (4件):
  • 2019/06 - 現在 異文化間教育学会 紀要編集委員会委員
  • 2015/07 - 2019/03 日本語教育学会 査読委員
  • 2013/06 - 2017/06 異文化間教育学会 広報・情報会員委員長、常任理事
  • 2009/05 - 2013/05 異文化間教育学会 広報・情報化委員
所属学会 (3件):
日本コミュニティ心理学会 ,  日本語教育学会 ,  異文化間教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る