研究者
J-GLOBAL ID:201001058355516706   更新日: 2021年12月04日

占部 昌蔵

ウラベ ショウゾウ | Shozo Urabe
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 教科教育学、初等中等教育学 ,  外国語教育
研究キーワード (4件): 外国語教育 ,  英語教育学 ,  テスティング ,  ライティング
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2011 - 2013 オーセンティックな英語に見られる特徴とリスニング能力との関連
  • ・英語教育(主に、ライティング、テスティング) ・第二言語習得において、ライティング能力がどのように進展していくのかについての研究 ・テストの妥当性(テスト内の個々の項目が本来測定しようとするものを実際にどの程度測定しているのか)についての研究 ・項目応答理論の言語テスト分野への応用可能性に関する実践的研究
論文 (16件):
  • Namita Maharjan, Nayani Daranagama, Yoshihiro Ominato, Michiaki Omori, Shozo Urabe, Noboru Fukuda, Katsumi Ichimura, Yasuko Tsuchida. Students’ Readiness for Demand-Driven Education System in NIT. 17th CDIO International Conference Proceedings- Full papers. 2021. 691-700
  • 茅野潤一郎, 占部昌蔵. Do authorized secondary school English textbook activities promote genuine impromptu interactions?. 国際地域研究論集. 2019. 第10号. 35-46
  • 土田泰子, 大湊佳宏, 占部昌蔵, 大森理聡, 米崎啓和, 市村勝己. 長岡高専における英語多読実践プロジェクト(その2) -英文の読み方に関する調査を中心に-. 長岡工業高等専門学校研究紀要 第51巻. 2015. 53-62
  • 土田泰子, 大湊佳宏, 占部昌蔵, 大森理聡, 米崎啓和, 市村勝己. 長岡高専における英語多読実践と教育効果に関する研究. 全国高等専門学校英語教育学会研究論集. 2015. 第34号. 39-48
  • 占部昌蔵. 高専学生の英語学習意欲減退の特徴-大学生と比較して-. 論文集「高専教育」第37号. 2014. 371-375
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • THE PATH to a DOUBLE DEGREE PROGRAM AGREEMENT BETWEEN NAGAOKA KOSEN AND TUAS
    (ISATE 2021 2021)
  • DEVELOPMENT of a PROBLEM-BASED-LEARNING PROGRAM in ENGLISH to FOSTER STUDEDNTS’ THINKING ABILITY AND COOPERATIVE SKILLS
    (ISATE 2021 2021)
  • STUDENTS’ READINESS FOR DEMAND DRIVEN EDUCATION SYSTEM IN NIT
    (The 17th International CDIO conference, Bangkok, 2021 2021)
  • デザイン思考を用いた英語による課題解決型授業の導入
    (第26回高専シンポジウム 2021)
  • STUDENT’S PERSPECTIVE ON DEMAND DRIVEN LEARNING FOR ENGLISH COURSE IN KOSEN DURING PANDEMIC
    (The 5th International Conference on “Science of Technology Innovation” 2020 2020)
もっと見る
所属学会 (5件):
中部地区英語教育学会 ,  全国高等専門学校英語教育学会 ,  外国語教育メディア学会 ,  大学英語教育学会 ,  全国英語教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る