研究者
J-GLOBAL ID:201001058355516706   更新日: 2020年04月18日

占部 昌蔵

ウラベ ショウゾウ | Shozo Urabe
研究分野 (2件): 外国語教育 ,  教科教育学、初等中等教育学
研究キーワード (4件): 外国語教育 ,  英語教育学 ,  テスティング ,  ライティング
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2011 - 2013 オーセンティックな英語に見られる特徴とリスニング能力との関連
  • ・英語教育(主に、ライティング、テスティング) ・第二言語習得において、ライティング能力がどのように進展していくのかについての研究 ・テストの妥当性(テスト内の個々の項目が本来測定しようとするものを実際にどの程度測定しているのか)についての研究 ・項目応答理論の言語テスト分野への応用可能性に関する実践的研究
論文 (15件):
  • 茅野潤一郎, 占部昌蔵. Do authorized secondary school English textbook activities promote genuine impromptu interactions?. 国際地域研究論集. 2019. 第10号. 35-46
  • 土田泰子, 大湊佳宏, 占部昌蔵, 大森理聡, 米崎啓和, 市村勝己. 長岡高専における英語多読実践プロジェクト(その2) -英文の読み方に関する調査を中心に-. 長岡工業高等専門学校研究紀要 第51巻. 2015. 53-62
  • 土田泰子, 大湊佳宏, 占部昌蔵, 大森理聡, 米崎啓和, 市村勝己. 長岡高専における英語多読実践と教育効果に関する研究. 全国高等専門学校英語教育学会研究論集. 2015. 第34号. 39-48
  • 占部昌蔵. 高専学生の英語学習意欲減退の特徴-大学生と比較して-. 論文集「高専教育」第37号. 2014. 371-375
  • 占部昌蔵, 白畑知彦. 現在完了形の誤り分析-過剰使用と過少使用-. 中部地区英語教育学会「紀要43」2014. 2014. 81-86
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • 現在完了形の誤り分析-過剰使用と過少使用-
    (第43回中部地区英語教育学会富山大会 2013)
  • 英語学習動機減退要因:中学・高校の学年間比較
    (日本教科教育学会第38回全国大会(東京学芸大学・東京都) 2012)
  • 中学生・高校生の英語学習における動機減退要因調査
    (第38回全国英語教育学会愛知研究大会(愛知学院大学・愛知県) 2012)
  • In which grade are Japanese learners of English demotivated?: Focusing on six years of junior and senior high school
    (The 9th Asia TEFL International Conference, Seoul(At: Seoul Kyoyuk MunHwa HoeKwan) 2011)
  • An Exploratory Study on the Job Perspective of ALT
    (第41回中部地区英語教育学会福井大会 2011)
もっと見る
所属学会 (5件):
中部地区英語教育学会 ,  全国高等専門学校英語教育学会 ,  外国語教育メディア学会 ,  大学英語教育学会 ,  全国英語教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る