研究者
J-GLOBAL ID:201001060985228975   更新日: 2019年12月23日

佐野 勝宏

サノ カツヒロ | SANO, Katsuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.cneas.tohoku.ac.jp/staff/sano/sano.htmlhttps://www.waseda.jp/inst/wias/other/2017/04/01/4036/
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2022 狩猟技術の発達とホモ・サピエンスの人口増加の相関に関する考古・人類学的研究
  • 2018 - 2021 三次元形態解析と機能分析を統合した原人・旧人石器の進化論的研究
  • 2017 - 2022 言語の創発過程の人類学的研究
  • 2015 - 2018 弓矢猟の出現と波及プロセスに関する考古学的研究
  • 2013 - 2017 石器使用痕の判定グローバル基準と比較文化的な機能形態学の構築
全件表示
論文 (26件):
  • Sano, K., Arrighi, S., Stani, C., Aureli, D., Boschin, F., Fiore, I., Spagnolo, V., Ricci, S., Crezzini, J., Boscato, P., Gala, M., Tagliacozzo, A., Birarda, G., Vaccari, L., Ronchitelli, A., Moroni, A., Benazzi, S. The earliest evidence for mechanically delivered projectile weapons in Europe. Nature Ecology & Evolution. 2019. 3. 10. 1409-1414
  • Kadowaki, S., Tamura, T., Sano, K., Kurozumi, T., Maher, L.A., Wakano, J.Y., Omori, T., Kida, R., Hirose, M., Massadeh, S., Henry, D.O. Lithic technology, chronology, and marine shells from Wadi Aghar, southern Jordan, and Initial Upper Paleolithic behaviors in the southern inland Levant. Journal of Human Evolution. 2019. 135. 10246
  • Lee, G-K, and Sano, K. Were tanged points mechanically delivered armatures? Functionaland morphometric analyses of tanged points from an Upper Paleolithic site at Jingeuneul, Korea. Archaeological and Anthropological Sciences. 2019. 11. 6. 2453-2465
  • Masami Izuho, Nicolas Zwyns, Katsuhiro Sano. Special issue: The Initial Upper Paleolithic in Asia: Assemblages variability, timing and significance. Archaeological Research in Asia. 2019. 17. 1
  • Morisaki, K., Sano, K., and Izuho, M. Early Upper Paleolithic blade technology in the Japanese Archipelago. Archaeological Research in Asia. 2019. 17. 79-97
もっと見る
MISC (12件):
  • 渡邊 零・桐原弘亘・中尾綾郁・榎本美里・新里亮人・海部陽介・佐野勝宏. 徳之島アマングスク遺跡の発掘調査成果. 日本旧石器学会第17回研究発表シンポジウム予稿集 旧石器研究の理論と方法論の新展開. 2019. 13-16
  • 佐野 勝宏・諏訪 元. 石器テクノロジーの発達とデザインの変遷. Ouroboros. 2017. 22. 2. 9-10
  • 佐野 勝宏. 狩猟具の発達とその進化・行動論的意義. 日本旧石器学会第15回研究発表シンポジウム予稿集 使用痕分析を統合した行動研究の展開. 2017. 65-67
  • 佐野 勝宏. 石器使用痕の三次元分析. D考古学の挑戦-考古遺物・遺構の三次元計測における研究の現状と課題. 2016. 53-57
  • 佐野 勝宏. ヨーロッパにおける旧人・新人交替劇の真相理解に向けて. 考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究-「交替劇」A01班2014年度研究報告-. 2015. 5. 35-46
もっと見る
書籍 (18件):
  • 真人原遺跡III
    真人原遺跡調査団. 2002
  • 津南町文化財調査報告第37輯 正面中島遺跡
    津南町教育委員会 2002
  • Eyserheide. A Magdalenian open-air site in the loess area of the Netherlands and its archaeological context
    Faculty of Archaeology, Leiden University 2011 ISBN:978-9081810906
  • 山形県埋蔵文化財センター調査報告書第200集 高瀬山(HO)3期発掘調査報告書
    財団法人山形県埋蔵文化財センター 2012
  • Rietberg und Salzkotten-Thüle. Anfang und Ende der Federmessergruppen in Westfalen
    Verlag Marie Leidorf 2012 ISBN:978-3867573627
もっと見る
講演・口頭発表等 (33件):
  • Lithic Raw Material Utilisation in Central Honshu during the Terminal Pleistocene
    (SAA (Society for American Archaeology) 72nd Annual Meeting 2007)
  • Lithic evidence for hunting in the Magdalenian at Bois Laiterie Cave, Belgium
    (50. Hugo Obermaier-Gesellschaft, Tagung der Gesellschaft 2008)
  • 人類移動の考古学的痕跡
    (観光の起源に関する学際的研究~ヒトはなぜ旅するのか 2011)
  • ヨーロッパにおける旧人石器群と新人石器群の消長と拡散
    (旧人・新人の石器製作学習行動を探る,日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5 2011)
  • Functional Variability in Magdalenian of North-Western Europe
    (, XVIII. INQUA (International Union for Quaternary Research) Congress 2011 2011)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(Ph.D.) (ケルン大学)
経歴 (4件):
  • 2010/04 - 2013/03 東北大学 助教
  • 2013/04 - 2017/03 東京大学 特任助教
  • 2017/04 - 2019/03 早稲田大学 准教授
  • 2019/04 - 現在 東北大学 教授
受賞 (1件):
  • 2017/07 - 日本旧石器学会 奨励賞
所属学会 (9件):
日本第四紀学会 ,  考古学研究会 ,  日本旧石器学会 ,  日本考古学協会 ,  European Society for the study of Human Evolution ,  International Union of Prehistoric and Protohistoric Sciences ,  Association of Archaeological Wear and Residue Analysts ,  日本人類学会 ,  Asian Paleolithic Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る