研究者
J-GLOBAL ID:201001065117774396   更新日: 2018年06月28日

中谷 実伸

ナカタニ ミノブ | Nakatani Minobu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 教育学 ,  数理解析学 ,  幾何学
研究キーワード (1件): 数学・無限可積分系・数学教育
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2001 - 数学教育
  • q-超幾何関数の二次関係式
  • 合流型超幾何関数のq-アナログ
  • 工学機器を用いた数学教材の製作と実践
論文 (6件):
  • 中谷 実伸. テクノロジーを用いた数学教育の理論と実践. 「高専教育」26, 339-344. 2003
  • 中谷 実伸. q-Hypergeometric systems arising from quantum Grassmannians. Funkcial Ekvac.41, 363-381. 1998
  • 中谷 実伸. On some q-confluent hypergeometric systems associated with quantum Grassmannians of type (2,n). Kobe J. Math.14 ,63-89. 1997
  • 中谷 実伸. On the q-hypergeometric systems associated with Quantum Grassmannians. 神戸大学. 1996
  • 中谷 実伸. A quantum analogue of the hypergeometric systems E3,6. Kyushu J. Math. 4, 67-91. 1995
もっと見る
MISC (15件):
  • 中谷 実伸. レーザーカッターを用いた数学教材の製作. 北陸四県数学教育学会高専大学部会要旨集(石川). 2014
  • 中谷 実伸. 漸近線の定義について. 北陸四県数学教育学会高専大学部会要旨集(福井). 2011
  • 中谷 実伸. 漸近線の定義について. 北陸四県数学教育学会高専大学部会要旨集(福井). 2011
  • 中谷 実伸. 微分積分小テストの取り組み(その後). 北陸四県数学教育学会高専大学部会要旨集(富山). 2009
  • 中谷 実伸. 微分積分小テストの取り組み(その後). 北陸四県数学教育学会高専大学部会要旨集(富山). 2009
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1996 神戸大学 自然科学研究科 システム科学
  • - 1990 大阪大学 理学部 数学
学位 (1件):
  • 理学博士
所属学会 (1件):
日本数学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る