研究者
J-GLOBAL ID:201001067082021155   更新日: 2020年07月16日

小野 晃正

オノ コウセイ | Ono Kosei
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://gyoseki.setsunan.ac.jp/search?m=affiliation&l=ja&a2=0000007&s=1&o=affiliation
研究分野 (1件): 刑事法学
研究キーワード (7件): 刑事政策 ,  犯罪被害者 ,  募金詐欺 ,  法学 ,  刑事法 ,  刑法 ,  一連の行為
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2011 - 2014 国際競争力の見地にも配慮したコンプライアンス・プログラムの有効性とその限界
論文 (14件):
  • 柳沢学=吉田佐治子=大塚正人=藤林真美=小野晃正ほか. 北河内におけるSDGsの普及に向けて 現在の認知度と今後の教育的介入. 摂南大学地域総合研究所報. 2020. 5. 30-44
  • 小野 晃正. 「非医師による身体装飾目的の侵襲と無免許医業罪」. 摂南法学. 2019. 56. 1-15
  • 柳沢 学, 吉田佐治子, 久保 貞也, 小野 晃正ほか. 大学におけるアクティブ・ラーニングの現状とその課題. 摂南大学地域総合研究所報. 2019. 4. 83-92
  • 小野 晃正. 「防衛行為における時間的過剰をめぐる誤信の諸相(1)」. 摂南法学. 2017. 53. 29-38
  • 小野 晃正. 「同一被害者に対する時間的・場所的離隔を伴う傷害結果の罪数関係(1)」. 摂南法学. 2016. 51=52. 63-74
もっと見る
MISC (2件):
  • 小野 晃正. 書評「大野真義編著『刑法各論』(2014年・世界思想社)」. 摂南法学. 2015. 50. 69-73
  • 小野 晃正. 書評「三井誠=曽根威彦=瀬川晃編『入門刑事法(第5版)』(2013年・有斐閣)」. 書斎の窓. 2014. 633. 41-46
書籍 (3件):
  • はじめての刑法学
    三省堂 2020
  • 幼稚園・保育所・認定こども園・児童福祉施設等実習ガイドブック-その理論と実際-
    建帛社 2015
  • リーディングス刑法
    法律文化社 2015
講演・口頭発表等 (11件):
  • 刺青の施術を行うことが「医師法」17条の「医業」に該当しないとされた事例-大阪高判平成30年11月14日判時2399号88頁-
    (第160回判例刑事法研究会(神戸大学) 2019)
  • アクティブラーニング科目「大学教養入門」の開発
    (大学教育学会第41回大会(2019年) 2019)
  • 同一被害者に対し一定の期間内に反復累行された一連の暴行によって種々の傷害-最決平成26年3月17日刑集68巻3号368頁-
    (第150回判例刑事法研究会(神戸大学) 2016)
  • 「構成要件該当性」と「一連の行為」論
    (現行刑事法研究会 2016)
  • 「『一連の行為』論」-「構成要件段階における『一連の行為』論」
    (日本刑法学会第94回大会ワークショップ1 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2008 大阪大学大学院 法学研究科 修士課程
  • - 2006 大阪大学 法学部 法学科
学位 (3件):
  • 法学士 (大阪大学)
  • 法学修士 (大阪大学)
  • 法学博士 (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 摂南大学 教授
  • 2014/04 - 摂南大学 准教授
  • 2013/04 - 京都学園大学(現 京都先端科学大学) 准教授
  • 2012/04 - 大阪大学 助教(大学院法学研究科・法学部助教併任)
  • 2010/06 - 大阪大学 助教
全件表示
委員歴 (15件):
  • 2020/06 - 現在 学校法人 常翔学園 予算決算委員会 委員
  • 2020/06 - 現在 学校法人 常翔学園 評議員
  • 2020/02 - 現在 兵庫県 明石市 あかしSDGs推進審議会委員
  • 2019 - 現在 大阪府寝屋川市 国庫補助対象社会福祉施設等選定委員会 委員長
  • 2019 - 現在 くすのき広域連合(守口市、門真市、四條畷市)個人情報保護審査会 委員
全件表示
所属学会 (3件):
日独法学会 ,  日本刑事政策研究会 ,  日本刑法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る