研究者
J-GLOBAL ID:201001070001020282   更新日: 2019年05月18日

早坂 裕介

ハヤサカ ユウスケ | Hayasaka Yusuke
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (4件): 外国語教育 ,  情報学基礎論 ,  美術史 ,  美学、芸術論
研究キーワード (4件): 音楽学 ,  メディア教育 ,  英語教授法 ,  第二言語習得
論文 (11件):
  • Oshimi, T, Florescu, C. M, Iwata, J, Babayev, T, Hauk, A, Martin, B. J, Hayasaka, Y, Inokawa, M, Siriratsivawong, K, Mayers, T, Thomas, J, Guest, M. EMP Lesson Plans: PechaKucha-style Presentations. 日本医学英語教育学会会誌. 2018. 17. 3. 134-138
  • Takayuki Oshimi, Yusuke Hayasaka, Tamerlan Babayev, Haruko Akatsu, Cosmin Mihail Florescu, Barnabas Jon Martin, Mutsumi Inokawa, Vitalii Lytnev. English Language Proficiency and Preclinical Academic Performance of First-year Medical Students. 医学教育 特集: 第50回日本医学教育学会大会予稿集. 2018. 49. 79
  • Oshimi, T, Hayasaka, Y, Babayev, T, Florescu, C. M, Lytnev, V, Arif, H.U.L, Martin, B. J, Inokawa, M, De Haven, S. Application of Active Learning Methods to Language Teaching of L2 Medical Students. 日本医学英語教育学会会誌. 2018. 17. 2. 27
  • Martin, B. J, Hayasaka, Y, Babayev, T, Oshimi, T, Lytnev, V, Arif, H.U.L, Florescu, C. M, Inokawa, M, De Haven, S. English Language Proficiency and History-taking Performance of First-year Medical Students. 日本医学英語教育学会会誌. 2018. 17. 2. 26
  • Florescu, C. M, Hayasaka, Y, Babayev, T, Oshimi, T, Lytnev, V, Arif, H. U. L, Martin, B. J, Inokawa, M, De Haven, S. Can We Improve TOEFL ITP® Scores by Teaching Test-taking Strategies?. 日本医学英語教育学会会誌. 2018. 17. 2. 26
もっと見る
MISC (1件):
  • 早坂 裕介. カール・フリードリヒ・ウィストリンクの『音楽文献要覧』について. 南葵音楽文庫『Oxalis』. 2010. 3. 41
講演・口頭発表等 (8件):
  • Utilising the COM-B Framework to Analyse the Needs of Language Learners
    (大学英語教育学会第57回国際大会 2018)
  • Student-Owned Learning, Managed by Instructor (Pecha-Kucha presentation)
    (第21回日本医学英語教育学会・学術大会 2018)
  • Text Chat-based Collaborative Writing Task for Individual Students' L2 English Summary Writing Skill Development: A Design-based Study
    (大学英語教育学会第56回国際大会 2017)
  • Learning Style and the Use of Computer-based vs. Paper-based in the English Classroom
    (International Institute of Social and Economic Sciences 4th Teaching & Education Conference (Venice, Italy) 2017)
  • BeeDanceによる英語学習時の学生の姿勢と反応
    (日本教育工学会第32回全国大会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2017 上智大学大学院 言語学研究科言語学専攻 英語教授法(TESOL)コース修了
  • - 2010 慶應義塾大学大学院 文学研究科 美学美術史学専攻後期博士課程(単位取得退学)
  • 2008 - 2009 ウィスコンシン大学マディソン校(アメリカ)
学位 (2件):
  • 修士(美学) (慶應義塾大学)
  • 修士(TESOL) (上智大学)
経歴 (5件):
  • 2017/04 - 現在 国際医療福祉大学 講師
  • 2015/04 - 2017/03 獨協大学 講師(非常勤)
  • 2015/04 - 2017/03 駒澤大学 講師(非常勤)
  • 2014/04 - 2017/03 東京電機大学 講師(非常勤)
  • 2010/04 - 2015/03 明治大学 アシスタント
受賞 (3件):
  • 2017/10 - 大学英語教育学会 2017年度大学英語教育学会名誉会長賞 Text Chat-based Collaborative Writing Task for Individual Students’ L2 English Summary Writing Skill Development: A Design-based Study
  • 2017/03 - 東京電機大学情報環境学部FD委員会 2016年度学生アンケート評価に基づく優秀教師
  • 2016/03 - 東京電機大学情報環境学部FD委員会 2015年度学生アンケート評価に基づく優秀教師
所属学会 (3件):
日本CLIL教育学会 ,  日本教育工学会 ,  大学英語教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る