研究者
J-GLOBAL ID:201001072447248174   更新日: 2020年03月21日

山北 輝裕

ヤマキタ テルヒロ | YAMAKITA Teruhiro
研究分野 (1件): 社会学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 野宿者支援と「自立生活運動」の社会学的研究
論文 (11件):
  • ハウジング・ファーストに関するノート2. 社会学論叢. 2017. 190. 63-82
  • ハウジング・ファーストに関するノート1--ハウジング・ファーストとは何か. 社会学論叢. 2017. 189. 39-69
  • いのちとおうちーー野宿者支援・運動の現場への手紙. 新社会学研究. 2016. 1. 45-60
  • 知的・精神障害をかかえた野宿者の地域生活への移行. 理論と動態. 2015. 8. 55-73
  • <社会学的映像実践>を考えるーー野宿者/ストリートを記録し使用することを題材に. KG/GP社会学批評別冊. 2011. 45-58
もっと見る
MISC (6件):
  • 書評に応えて. ソシオロジ. 2017. 61. 3. 106-112
  • モクモクの部屋で人生を聞く. atプラス. 2016. 28. 78-91
  • 書評:白波瀬達也著『宗教の社会貢献を問い直すーーホームレス支援の現場から』. 貧困研究. 2015. 15. 122-155
  • 書評 『同化と他者化-戦後沖縄の本土就職者たち』. フォーラム現代社会学. 2014. 13. 160-162
  • ルポ東京プロジェクト. 2012年度 東京プロジェクト活動報告書--世界との対話へ. 2013. 3-33
もっと見る
書籍 (12件):
  • Cultural and Social Division in Contemporary Japan: Bridging Social Division
    Routledge 2019
  • ハウジングファースト
    山吹書店 2018
  • 社会学入門
    ミネルヴァ書房 2017
  • 現場から創る社会学理論
    ミネルヴァ書房 2017
  • 社会調査の基礎
    放送大学教育振興会 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • ハウジング・ファースト型支援の社会学的・質的調査--「幽霊」に悩む当事者と支援者の「飛び地」をめぐって--
    (関西社会学会 2019)
  • 偶発的な出会いが社会的に連綿するとき--知的・精神障害をかかえた元野宿者が「地域生活」に移行するまでの生活誌--
    (解放社会学会 2014)
  • 野宿者運動と野宿生活の狭間に立ち会う--『アクションリサーチ』と『参与観察』の対比から
    (関西社会学会 2012)
  • コメンテーター(「グローバリゼーションと再編される『周辺』のリアリティ--移動・定住をめぐるフロンティアへ/から」)
    (日本社会学会 2012)
  • アサイラム空間と都市下層
    (日本文化人類学会 2011)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 関西学院大学 社会学研究科 社会学
学位 (1件):
  • 博士(社会学)
経歴 (7件):
  • 2007/04 - 2010/03 関西学院大学社会学部非常勤講師
  • 2008/10 - 2009/03 滋賀県立大学非常勤講師
  • 2007/04 - 2008/09 財団法人尼崎健康・医療事業財団看護専門学校
  • 2007/04 - 2008/03 関西学院大学大学院社会学部COEリサーチアシスタント
  • 2006/04 - 2008/03 兵庫県立総合衛生学院非常勤講師
全件表示
受賞 (1件):
  • 2011 - 日本都市社会学会 第7回日本都市社会学会賞(磯村記念賞) 『ホームレス・スタディーズ--排除と包摂のリアリティ』
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る