研究者
J-GLOBAL ID:201001073919927042   更新日: 2021年02月25日

中澤 務

ナカザワ ツトム | Nakazawa Tsutomu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 哲学、倫理学
研究キーワード (8件): 医療倫理 ,  生命倫理 ,  アリストテレス ,  プラトン ,  哲学 ,  古代ギリシア ,  生命倫理;医療倫理; ,  古代ギリシア;哲学;プラトン;アリストテレス;
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2005 - 2007 ギリシア哲学における魂論の研究
  • 2006 - 初年次導入教育に関する総合的研究 -学びのスキル獲得と情報リテラシーの同時獲得・形成を目指して-
  • 2004 - 日本の近代化過程における技術と身体の思想
論文 (61件):
  • 中澤 務. 古代ギリシャの真理概念ーその歴史的変遷をめぐってー. 井上克人教授退職記念論文集. 2020
  • 中澤 務. トラシュマコスと正義. 関西大学『文学論集』. 2019. 69-1
  • 中澤 務, 多田泰弘, 岩崎千晶. 関西大学ライティングラボ. 東信堂、『大学におけるライティング支援』. 2019. 27-59頁
  • 中澤 務. 書く力の育成とライティングセンター. 東信堂、『大学におけるライティング支援』. 2019. 3-20頁
  • 中澤 務. アノニュムス・イアンブリキ研究. 関西大学文学論集. 2018. 68巻2号57-89頁
もっと見る
MISC (9件):
  • 中澤 務. 哲学者としてのソフィスト-ゴルギアスの場合-. 関西大学『哲学』. 2012. 30, 99-105
  • 中澤 務. 関西大学の初年次教育-文学部「知のナヴィゲーター」を中心に-. 2008
  • 中澤 務. シンポジウム報告「多様化する初年次教育-教師の関わり方についての可能性を探る-」. 平成18年度関西大学重点領域研究(B-7)「大学における教育と研究」研究成果報告書『初年次教育に関する総合的研究-学びのスキル獲得と情報リテラシーの同時獲得・形成を目指して』. 2007. 48-71
  • 中澤 務. 初年次教育と専門教育-関西大学文学部の事例をもとに-. 2006
  • 中澤 務. 日本優生学の形成過程. 2005
もっと見る
書籍 (13件):
  • アヴェロエス(イブン・ルシュド)『霊魂論註解』
    平凡社『中世思想原典集成精選4 ラテン中世の興隆2』 2019
  • セネカ『人生の短さについて』
    光文社 2017
  • 哲学を学ぶ
    晃洋書房 2017
  • 南イタリアの風土が育てた異端思想家の肖像(『評伝カンパネッラ』澤井繁男著)
    『書評』(関西大学生協) 2015
  • プラトン『饗宴』
    光文社 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • プロタゴラスの相対主義再考
    (関西哲学会 2013)
  • ソクラテスとフィロソフィア-岩田氏に答えて
    (古代哲学研究 2010)
  • 関西大学文学部における初年次教育の実情と問題点
    (初年次教育学会 2009)
  • 徳倫理学と行為の正しさ
    (北海道大学哲学会 2008)
  • iPS細胞研究をめぐる倫理的諸問題
    (日本生命倫理学会 2008)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1992 北海道大学 哲学専攻
  • 1992 - 北海道大学 哲学専攻
  • - 1988 北海道大学 哲学科
学位 (2件):
  • 文学修士
  • 博士(文学)
経歴 (1件):
  • 1992 - 2002 北海道大学 助手
所属学会 (7件):
ギリシャ哲学セミナー ,  北海道大学哲学会 ,  関西倫理学会 ,  関西哲学会 ,  日本西洋古典学会 ,  日本倫理学会 ,  日本哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る