研究者
J-GLOBAL ID:201001074422982194   更新日: 2020年08月31日

磯貝 惠美子

イソガイ エミコ | Isogai Emiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ea8d3696a2119fb432e8eb090a5e96e4.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/ea8d3696a2119fb432e8eb090a5e96e4.html
研究分野 (4件): 細菌学 ,  寄生虫学 ,  動物生産科学 ,  動物生産科学
研究キーワード (3件): 免疫 ,  病態 ,  細菌
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2011 - 現在 被災動物における線量評価と放射性物質の動態
  • 2010 - 現在 マダニ媒介性感染症
  • 2010 - 現在 ベーチェット病に関する研究
  • 2010 - 現在 人獣共通感染症の病態と制御
  • 2000 - 現在 自然免疫における抗菌ペプチドの機能と役割
全件表示
論文 (306件):
MISC (90件):
  • Iwaya T, Ide A, Nishimura T, Saito A, Bai L, Isogai E. Beneficial Effects of Green Tea Catechin on Infectious Diseases. Poultry, Dairy and Veterinary Sciences. 2017
  • 磯貝惠美子. 抗菌ペプチドを軸とした分子標的探索と疾病制御へのアプローチ. 東北のコロニー. 2016. 36. 6-17
  • 磯貝惠美子. 食肉中放射性セシウムのと畜前推定技術の検証と放射性物質の動態. JATAFFジャーナル. 2016. 5. 1. 57-57
  • Kengo Kuroda, Kazuhiko Okumura, Hiroshi Isogai, Emiko Isogai. The human cathelicidin antimicrobial peptide LL-37 and mimics are potential anticancer drugs. FRONTIERS IN ONCOLOGY. 2015. 5
  • 磯貝恵美子, 磯貝 浩. ダニ媒介性感染症への国内対応. 臨床と微生物. 2015. 42. 3. 25-31
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (38件):
  • シンプル微生物学
    南江堂 2018
  • 動物病理学各論第2版
    2015
  • 動物の感染症(第3版)
    近代出版 2011
  • 動物病理学各論
    2010
  • 人獣共通感染症
    養賢堂 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (89件):
  • Cell proliferation and inhibition of apoptosis by Salmonella infection on swine fibroblast.
    (12th International Conference on Molecular Epidemiology and Evolutionary Genetics of Infectious Diseases 2014)
  • Inhibitory effects of organic acids produced by Clostridium ramosum on enterohaemorrhagic Escherichia coli O157:H7
    (12th International Conference on Molecular Epidemiology and Evolutionary Genetics of Infectious Diseases 2014)
  • Antimicrobial activity of synthetic antimicrobial peptide from taiga tick, Ixodes persulcatus (persulcatusin) against Staphylococcus aureus
    (12th International Conference on Molecular Epidemiology and Evolutionary Genetics of Infectious Diseases, 2014)
  • Examination of pathogenic genes of various bacteria in feces samples from young cows in Zambia
    (12th International Conference on Molecular Epidemiology and Evolutionary Genetics of Infectious Diseases 2014)
  • Prevention of enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 by bacteria composed with intestinal flora
    (19th World Congress on Advances in Oncology and 17th International Symposium on Molecular Medicine 2014)
もっと見る
Works (16件):
  • 緑茶ポリフェノールの効果:東日本デンタルトピックス
    1994 -
  • 野生動物の疾病と治療
    1993 -
  • Disease and Treatment for Wild Life.
    1993 -
  • ライム病;北海道大学獣医学部第15回学術講演会公開シンポジウム〈地球、動物、人〉
    1993 -
  • 日本常生活における知られざる感染症;北海道警察部内研修講演会
    1993 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1977 北海道大学
  • - 1975 北海道大学
学位 (1件):
  • 農学博士 (東京大学)
委員歴 (18件):
  • 2015/01 - 現在 編集委員会 Int J Molecular Medicine Ed boad member for Int J Molecular Medicine
  • 2015/01 - 現在 編集委員会 Int J Molecular Medicine 編集委員
  • 2014/10 - 現在 東京電力福島第一原子力発電所の事故に関わる家畜と農地の管理研究会 評議員
  • 2014/10 - 現在 Int. J Oncology、Spandidos Publications Ed. Boad
  • 2014/10 - 現在 東京電力福島第一原子力発電所の事故に関わる家畜と農地の管理研究会 評議員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2017/03 - 東北大学 東北大学総長教育賞
  • 2016/11/21 - Spandidos Publications Excellence in Reviewing Award
  • 2016/05/26 - Daiwa Foundation Daiwa Anglo-Japanese Foundation Award
  • 2014/10 - Spandidos Publications Spandidos Award
所属学会 (11件):
日本エンドトキシン研究会 ,  日本刑事政策研究会 ,  放射線影響学会 ,  日本感染症学会 ,  日本環境感染学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本獣医学会 ,  ダニ学会 ,  日本畜産学会 ,  無菌生物ノトバイオロジー学会 ,  日本細菌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る