研究者
J-GLOBAL ID:201001075302913837   更新日: 2020年12月03日

門脇 誠二

Kadowaki Seiji
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://www.num.nagoya-u.ac.jp/outline/staff/kadowaki/laboratory/index.html
研究分野 (1件): 考古学
研究キーワード (8件): 空間分析 ,  石器技術 ,  人類進化 ,  世帯 ,  初期農耕 ,  西アジア ,  先史学 ,  考古学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2016 - 2021 ホモ・サピエンスのアジア定着期における行動様式の解明
  • 2017 - 2020 コーカサス地方における初期家畜の由来と飼育行動を探る考古科学研究
  • 2018 - 2019 ネアンデルタール人の消滅と新人拡散のプロセスに関する考古学研究
  • 2018 - 2019 ネアンデルタール人消滅と新人拡散のプロセスに関する考古学研究:ヨルダンの旧石器遺跡調査
  • 2014 - 2017 西アジア北端の農耕起源をさぐる:穀物加工と貯蔵の考古資料の通時的分析
全件表示
論文 (47件):
もっと見る
MISC (6件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • ビーズでたどるホモ・サピエンス史 美の起源に迫る
    昭和堂 2020 ISBN:9784812219270
  • アフリカからアジアへ 現生人類はどう拡散したか (朝日選書)
    朝日新聞出版 2020 ISBN:4022630949
  • ホモ・サピエンスの起源とアフリカの石器時代ームトングウェ遺跡の再評価
    名古屋大学博物館 2014
講演・口頭発表等 (20件):
  • News from the desert: Stone Age behaviors and population changes from Neanderthals to modern humans in the Levant
    (Stone Age Science: Insights into the Deep Human Past, held by The Department of Anthropology at Kent State University, Ohio, USA 2020)
  • Spatial analysis of Neolithic chipped and ground stone artifacts at Hacı Elamxanlı Tepe in the southern Caucasus
    (The 9th International Conference on the PPN Chipped and Ground Stone Industries of the Near East, The University of Tokyo, Tokyo 2019)
  • Re-investigation of two Initial Upper Paleolithic sites in the Jebel Qalkha, southern Levant: Lithic technology, chronology, marine shells, and paleoenvironment
    (INQUA 2019 2019)
  • レヴァント地方の中部旧石器後期~続旧石器中期における石器刃部獲得効率の変化
    (日本旧石器学会第17回大会 2019)
  • 南レヴァント内陸部における上部旧石器時代初期の新たな記録:ヨルダン、ワディ・アガル遺跡の研究
    (日本西アジア考古学会第24回大会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2002 - 2007 University of Toronto
  • 2000 - 2002 The University of Tulsa
  • 1997 - 2000 東京大学
  • 1993 - 1997 東京大学 歴史文化学科
学位 (3件):
  • Ph.D. (トロント大学)
  • 修士(文学) (タルサ大学)
  • 修士(文学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2016/02/01 - 現在 名古屋大学 博物館 講師
  • 2010/10/01 - 2016/01/31 名古屋大学 博物館 助教
  • 2010/10/01 - 名古屋大学博物館・助教
  • 2009/10/01 - 2010/09/30 東京大学総合研究博物館・特任助教
  • 2008/04/01 - 2009/09/30 日本学術振興会特別研究員SPD
全件表示
受賞 (2件):
  • 2010/10 - 日本オリエント学会 奨励賞
  • 2003/05 - Canada Ontario Government The Dr. Ranbir Singh Khanna OGS award in the Environment
所属学会 (5件):
アメリカ考古学会 ,  日本第四紀学会 ,  日本旧石器学会 ,  日本西アジア考古学会 ,  オリエント学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る