研究者
J-GLOBAL ID:201001075758242977   更新日: 2021年04月16日

宮田 耕充

Miyata Yasumitsu | Miyata Yasumitsu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): ナノ材料科学 ,  ナノ構造物理 ,  ナノ構造化学
研究キーワード (6件): 遷移金属モノカルコゲナイド ,  二次元物質 ,  遷移金属ダイカルコゲナイド ,  グラフェン ,  フラーレン ,  カーボンナノチューブ
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2020 - 2023 量子物質を用いた非従来型赤外光電変換学理の開拓
  • 2020 - 2023 原子層ヘテロ接合部の超高空間分解能振動情報・発光特性解析
  • 2019 - 2022 一次元ファンデルワールスヘテロ構造の創成と評価
  • 2018 - 2021 一次元ヘテロエピタキシーによる原子細線の創成
  • 2016 - 2018 1次元ヘテロエピタキシーによる面内複合原子層系の開拓
全件表示
論文 (139件):
  • Togo Takahashi, Chisato Ando, Mitsufumi Saito, Yasumitsu Miyata, Yusuke Nakanishi, Jiang Pu, Taishi Takenobu. Three-dimensional networks of superconducting NbSe2 flakes with nearly isotropic large upper critical field. npj 2D Materials and Applications. 2021
  • S. Gupta, F. Rortais, R. Ohshima, Y. Ando, T. Endo, Y. Miyata, M. Shiraishi. Approaching barrier-free contacts to monolayer MoS2 employing [Co/Pt] multilayer electrodes. NPG Asia Materials. 2021
  • Yohei Yomogida, Mai Nagano, Hiromu Hamasaki, Kaori Hirahara, Yasumitsu Miyata, Kazuhiro Yanagi. Synthesis of relatively small-diameter tungsten ditelluride nanowires from solution-grown tungsten oxide nanowires. JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS. 2021. 60. SC
  • Wen Hsin Chang, Naoya Okada, Masayo Horikawa, Takahiko Endo, Yasumitsu Miyata, Toshifumi Irisawa. ALD-ZrO2 gate dielectric with suppressed interfacial oxidation for high performance MoS2 top gate MOSFETs. Japanese Journal of Applied Physics. 2021. 60. SB. SBBH03-SBBH03
  • Taichi Inoue, Tetsuki Saito, Kuniharu Takei, Takayuki Arie, Yasumitsu Miyata, Seiji Akita. Light-induced persistent resonance frequency shift of MoS2 mechanical resonator. Applied Physics Express. 2021
もっと見る
MISC (39件):
講演・口頭発表等 (45件):
  • ポストドーピングによる遷移金属カルコゲナイド原子層のp/n型制御
    (第68回応用物理学会春季学術講演会 2021)
  • Top-gate monolayer MoS2 MOSFETs with ZrO2 gate dielectrics formed by low temperature ALD
    (第68回応用物理学会春季学術講演会 2021)
  • Nanoscale characterisation of carbon nanomaterials using tip-enhanced Raman spectroscopy
    (第68回応用物理学会春季学術講演会 2021)
  • Tuning Thermal Conductance Across Two-dimensional Layered van der Waals Materials via Interfacial Mismatch and Coupling Engineering
    (第68回応用物理学会春季学術講演会 2021)
  • ファンデルワールスヘテロ構造におけるスライド可能な原子層
    (日本トライボロジー学会 「表面力研究会」 2021)
もっと見る
学位 (2件):
  • 理学修士
  • 理学博士 (首都大学東京)
経歴 (2件):
  • 2013/04 - 現在 東京都立大学 理学部物理学科 准教授
  • 2009/03 - 2013/03 名古屋大学 物質科学国際研究センター 物質科学国際研究センター _ 助教
所属学会 (3件):
日本物理学会 ,  フラーレン・ナノチューブ学会(F-NTRS) ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る