研究者
J-GLOBAL ID:201001076803620208   更新日: 2021年08月10日

竹内 孝治

タケウチ コウジ | Takeuchi Kohji
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 建築史、意匠 ,  建築計画、都市計画
研究キーワード (6件): プレハブ住宅 ,  ハウジング ,  住宅産業論 ,  日本近代建築史 ,  国民住宅 ,  住宅計画
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2021 日本における工業化住宅の「商品化」に関する構法・生産史研究
  • 2013 - 2014 丹下健三と内田祥文の共同研究による「国民学校住区」構想に関する研究
  • 2012 - 2013 イラストレーター・真鍋博の描いた移動体の未来像に関する研究
  • 2012 - 2013 イラストレーター・真鍋博の「遊び車の思想」にみられる未来像
  • 2011 - 2012 真鍋博の未来都市観に関する研究-都市居住の新たなビジョン構築に向けて-
全件表示
論文 (19件):
もっと見る
MISC (19件):
  • 竹内 孝治. 日本におけるプレハブ住宅の展開(第7回)木造住宅合理化-あいまいな日本の木造. 建築士. 2021. 70. 827. 40-43
  • 竹内 孝治. 日本におけるプレハブ住宅の展開(第5回)規格型から企画型へ-商品化時代の幕開け. 建築士. 2021. 70. 825. 34-37
  • 竹内 孝治. 日本におけるプレハブ住宅の展開(第3回)ミゼットハウスの出現-原始のプレハブ小屋. 建築士. 2021. 70. 823. 36-39
  • 竹内 孝治. 居住の夢 戦後住宅クロニクル(年代記)(第35話)1975~ 加納敬二郎と「建主参加の住まいづくり」. 建築ジャーナル. 2021. 1314. 38-42
  • 竹内 孝治. 日本のおけるプレハブ住宅の展開(第1回)国民住宅をめざして-戦争が育んだ組立家屋. 建築士. 2021. 70. 821. 36-39
もっと見る
書籍 (1件):
  • NOT YET-ALREADY ものと空間をめぐる3列目的視点 -「まだ」と「すでに」の間
    ルーヴィス 2021
講演・口頭発表等 (21件):
  • 619 内藤昌の建築論における「木割=モデュラー・コオーディネーション」に関する研究 : 昭和30年代・建築モデュール研究との関係を通して(6.歴史・意匠)
    (東海支部研究報告集 2013)
  • 601 高度成長期における真鍋博の創作活動と建築界 : イラストレーター・真鍋博の未来都市観に関する研究・その1(6.歴史・意匠)
    (東海支部研究報告集 2012)
  • 9178 「新しき都市」に寄せられた坂倉準三の序文「小供の計畫」にみられる世界観 : 内田洋文の「國民住宅」構想に関する研究・その6(日本近代:思想,建築歴史・意匠)
    (学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠 2011)
  • 610 戦時期日本における新興木構造の理念的背景に関する研究(F.歴史意匠)
    (東海支部研究報告集 2011)
  • 609 設計製図教材『建築と學校製圖』にみられる建築観 : 内田祥文の「國民住宅」構想に関する研究・その5(F.歴史意匠)
    (東海支部研究報告集 2011)
もっと見る
所属学会 (1件):
日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る