研究者
J-GLOBAL ID:201001077311353103   更新日: 2021年08月25日

河野 孝夫

コウノ タカオ | Kohno Takao
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.phar.nagoya-cu.ac.jp/hp/bsk/indexj1.html
研究分野 (2件): 薬系衛生、生物化学 ,  神経科学一般
研究キーワード (10件): 神経細胞 ,  大脳皮質 ,  プロテアーゼ ,  アルツハイマー病 ,  精神疾患 ,  リーリン ,  樹状突起 ,  プロテオリシス ,  神経回路形成 ,  神経細胞移動
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 大脳皮質における時空間特異的なリーリン作用機構と意義の解明
  • 2017 - 2019 巨大分泌蛋白質リーリンのシグナル活性機構と、その精神神経疾患における重要性の解明
  • 2015 - 2016 脳機能に必須な分泌蛋白質リーリンの活性制御とその創薬への応用
  • 2014 - 2016 脳の形成と機能を司る分泌蛋白質リーリンの、機能制御機構の解明とその創薬への応用
  • 2012 - 2014 精神神経疾患の診断・治療を目指した、巨大分泌蛋白質リーリンの特異的分解機構の解明
全件表示
論文 (30件):
  • Masahito Sawahata, Hiroki Asano, Taku Nagai, Norimichi Ito, Takao Kohno, Toshitaka Nabeshima, Mitsuharu Hattori, Kiyofumi Yamada. Microinjection of Reelin into the mPFC prevents MK-801-induced recognition memory impairment in mice. Pharmacological Research. 2021. 105832
  • Mitsuharu Hattori, Takao Kohno. Regulation of Reelin functions by specific proteolytic processing in the brain. The Journal of Biochemistry. 2021. 169. 5. 511-516
  • Masamichi Nagae, Kei Suzuki, Norihisa Yasui, Terukazu Nogi, Takao Kohno, Mitsuharu Hattori, Junichi Takagi. Structural studies of reelin N-terminal region provides insights into a unique structural arrangement and functional multimerization. The Journal of Biochemistry. 2021. 169. 5. 555-564
  • Yumi Tsuneura, Masahito Sawahata, Norimichi Itoh, Ryoya Miyajima, Daisuke Mori, Takao Kohno, Mitsuharu Hattori, Akira Sobue, Taku Nagai, Hiroyuki Mizoguchi, et al. Analysis of Reelin signaling and neurodevelopmental trajectory in primary cultured cortical neurons with RELN deletion identified in schizophrenia. Neurochemistry International. 2021. 144. 104954-104954
  • Takao Kohno, Keisuke Ishii, Yuki Hirota, Takao Honda, Makoto Makino, Takahiko Kawasaki, Kazunori Nakajima, Mitsuharu Hattori. Reelin-Nrp1 Interaction Regulates Neocortical Dendrite Development in a Context-Specific Manner. The Journal of Neuroscience. 2020. 40. 43. 8248-8261
もっと見る
MISC (7件):
もっと見る
特許 (2件):
  • ADAMTS-3を用いたリーリン分解
  • 抗体とその利用
講演・口頭発表等 (8件):
  • 大脳皮質形成におけるリーリンの機能制御機構
    (第92回日本生化学会大会 2019)
  • Roles of Reelin in neocortical formation
    (2018 NCU life science retreat 2018)
  • 脳機能改善を目指した、巨大分泌タンパク質リーリンの活性制御
    (2017年度生命科学系学会合同年次大会 (ConBio2017) 2017)
  • 巨大分泌タンパク質リーリンの機能は、ADAMTS-3による特異的切断により制御される
    (日本薬学会第137年会 2017)
  • 巨大分泌蛋白質リーリンの機能制御機構と、その生理的意義の解明
    (第62回日本薬学会東海支部会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2010 名古屋市立大学大学院薬学研究科博士後期課程 修了
  • - 2007 名古屋市立大学大学院薬学研究科博士前期課程 修了
  • - 2005 名城大学 薬学科 卒業
学位 (1件):
  • 名古屋市立大学大学院薬学研究科博士後期課程 修了/博士(薬学)
経歴 (4件):
  • 2021/04 - 現在 名古屋市立大学大学院薬学研究科 准教授
  • 2016/10 - 2021/03 名古屋市立大学大学院薬学研究科 講師
  • 2010/04 - 2016/09 名古屋市立大学大学院薬学研究科 助教
  • 2008/04 - 2010/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
受賞 (2件):
  • 2017 - 平成29年度 名古屋市立大学 高インパクト論文賞
  • 2016 - 平成28年度 日本薬学会東海支部学術奨励賞
所属学会 (4件):
Society for Neuroscience ,  日本神経科学学会 ,  日本生化学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る