研究者
J-GLOBAL ID:201001079983148390   更新日: 2020年08月28日

嶋田 雅曉

シマダ マサアキ | Shimada Masaaki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.tm.nagasaki-u.ac.jphttp://www.tm.nagasaki-u.ac.jp
研究分野 (7件): 医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  寄生虫学
研究キーワード (6件): 熱帯病と生活文化 ,  感染症疫学 ,  寄生虫学 ,  tropical diseases and life and culture ,  epidemiology of infectious diseases ,  parasitology
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 熱帯病情報の整理と警告システムの開発
  • 東アフリカにおける住血吸虫症の疫学的研究
  • Development of warning system for tropical infectious diseases
  • Epidemiological study on ┣DBSchistosoma(/)-┫DB infection in East Africa
MISC (89件):
講演・口頭発表等 (6件):
  • A Study on Effect of Education on Biosafety Technique in NUITM-KEMRI Laboratory.
    (1st Annual Biological Safety Conference,African Biological Safety Association 2010)
  • 西ケニアのコレラ流行とその起因菌の性状について
    (第50回日本熱帯医学会総会 2009)
  • Phenotypic and molecular typing of Vibrio cholerae O1 isolated in Western Kenya
    (3rd East African Health & Scientific Conference 2009)
  • 長崎大学熱研内科での国際医療活動実施のための取組み -ケニア・ナイロビでの臨床医療活動の経験を通して-
    (第23回日本国際保健医療学会大会 2008)
  • 西ケニアで流行したO1コレラ菌株の性状について
    (第61回日本細菌学会九州支部総会 2008)
もっと見る
Works (8件):
  • タンザニアにおける住血吸虫症の研究
    1997 -
  • Studies on schistosomiasis in Tanzania
    1997 -
  • グアテマラにおけるシャーガス病の疫学的研究
    1993 -
  • Epidemiological study on Chagas disease in Guatemala
    1993 -
  • 中米と南米のオンコセルカ症の比較研究
    1986 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1978 長崎大学 寄生虫学
  • - 1978 長崎大学
  • - 1974 長崎大学
  • - 1974 長崎大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (長崎大学)
委員歴 (5件):
  • 2002 - 日本熱帯医学会 監事,評議員,理事
  • 1990 - 1991 日本熱帯医学会 監事,評議員,理事
  • 1991 - 日本国際保健医療学会 編集委員
  • 1989 - 日本寄生虫学会 評議員
  • 1989 - 日本熱帯医学会 監事,評議員,理事
所属学会 (6件):
日本国際保健医療学会 ,  日本アフリカ学会 ,  日本寄生虫学会 ,  American Society of Tropical Medicine and Hygoiene ,  日本ナイル・エチオピア学会 ,  日本熱帯医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る