研究者
J-GLOBAL ID:201001081541611621   更新日: 2020年08月30日

KAMADA DIANE LAUREL

カマダ ダイアン ローレル | DIANE KAMADA LAUREL
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/13f29749de50bc43fe7b9d8e3de33d35.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/13f29749de50bc43fe7b9d8e3de33d35.html
研究分野 (3件): 文化人類学、民俗学 ,  外国語教育 ,  言語学
研究キーワード (8件): ジェンダー ,  ハイブレッド・アイデンティティー ,  ディスコース分析 ,  応用言語学 ,  gender identities ,  hybrid identities ,  discourse analysis ,  applied linguistics
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2009 - 2012 小学生の日本人としてのアイデンティティと外国人像に関する小学校英語教育の影響
  • 2010 - 2011 談話分析
  • 2009 - 2011 日本におけるハーフの10代の女の子のアイデンティティ
  • 2001 - 2005 Multi-Ethnic and Gendered Identity of Adolescent Girls in Japan
  • 2001 - 2005 日本における多民族性青少年女子のアイデンティティー
全件表示
MISC (67件):
  • Japan Association for, Language Teaching (JAL. Acts of Identity: Typical and New English Learners. The Language Teacher Special Issue. 2011. 35. 4
  • Laurel Kamada. Combining Research and Pleasure. 東北大学高等教育開発推進ンセンターPDブックレット--すてきな大学教員をめざすあなたに. 2011. 81-84
  • Japan Association for, Language Teaching (JAL. Acts of Identity: Typical and New English Learners. The Language Teacher Special Issue. 2011. 35. 4
  • Laurel Kamada. Combining Research and Pleasure. Fundamentals for future Faculty. 2011. 81-84
  • Laurel Kamada. Effects of Intercultural Communication (IC) -Focused English Language Education. 東北大学高等教育開発推進センター紀要. 2010. 5. 53-64
もっと見る
書籍 (27件):
  • English in Japan in the Era of Globalization
    Palgrave Macmillan 2011 ISBN:9780230237667
  • English in Japan in the Era of Globalization
    Palgrave Macmillan 2011
  • English in Japan in the Era of Globalization
    Palgrave Macmillan 2011 ISBN:9780230237667
  • English in Japan in the Era of Globalization
    Palgrave Macmillan 2011
  • Hybrid Identities and Japanese Girls: Being 'Half' in Japan
    Multilingual Matters 2010 ISBN:184769232X
もっと見る
講演・口頭発表等 (76件):
  • Sisterhood and Solidarity after 3/11 in the Tohoku Region
    (Women Educators and Language Learners (WELL Conference) 女性言語教育学会研修会 2012)
  • Pursuing ELT Excellence: Transforming Stereotypes Japanese Children Take to School
    (Teachers of English to Speakers of Other Languages, International Conference (TESOL) 2012)
  • Gendered Performances of Male Science Majors in a ‘Gender-Focused English Class in Japan
    (International Gender and Language Association Conference (IGALA7 国際ジェンダーと言語学会) 2012)
  • Hybrid Identities and Adolescent Girls: Being ‘Half’ in Japan
    (日本ミックスルーツ研究会:「ハーフ」・「ミックス」として日本に生きる:ラべリングとアイデンティティーを考える 2012)
  • Sisterhood and Solidarity after 3/11 in the Tohoku Region
    (Women Educators and Language Learners (WELL Conference) 女性言語教育学会研修会 2012)
もっと見る
Works (4件):
  • Book Review: “The language of Female Leadership (Judith Baxter, 2010) appearing in Gender and Language Vol. 5, No. 1 (2011) pp. 159-163
    2011 -
  • Book Review: “Being and Becoming a Speaker of Japanese: An Autoethnographic Account" (Andrea Simon-Maeda, 2011)
    2011 -
  • Book Review: “The language of Female Leadership (Judith Baxter, 2010) appearing in Gender and Language Vol. 5, No. 1 (2011) pp. 159-163
    2011 -
  • Book Review: “Being and Becoming a Speaker of Japanese: An Autoethnographic Account" (Andrea Simon-Maeda, 2011)
    2011 -
学歴 (6件):
  • - 1987 大阪大学
  • - 1987 大阪大学 教育社会学
  • - 1980 University of Washington Japanese Studies
  • - 1980 米国州立ワシントン大学 日本学
  • - 1977 Western Washington State University
全件表示
学位 (2件):
  • 国際学修士 (米国州立ワシントン大学)
  • 国際学修士
経歴 (1件):
  • 東北大学 高度教養教育・学生支援機構 教育内容開発部門 言語・文化教育開発室 講師
委員歴 (2件):
  • 1987 - 1988 全国語学教育学会 仙台支部長,バイリンガリズム研究会会員委員長
  • プシコロギア会 Psychologia Society
受賞 (2件):
  • 2012 - Best book prize 2012 International Gender and Language Association (国際ジェンダーと言語学会、2012年 著書の一等賞)
  • 2012 - Best book prize 2012 International Gender and Language Association (国際ジェンダーと言語学会、2012年 著書の一等賞)
所属学会 (4件):
International Gender and Language Association 国際ジェンダーと言語学会 ,  ジェンダーと言語 の編集委員 ,  (Advisory Council) ,  ジェンダーと言語 の編集委員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る