研究者
J-GLOBAL ID:201001086611958030   更新日: 2019年06月03日

京極 真

キョウゴク マコト | Makoto KYOUGOKU
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
  • 吉備国際大学大学院保健科学研究科  准教授
  • 吉備国際大学大学院(通信制)保健科学研究科  准教授
  • 吉備国際大学保健福祉研究所  准教授
ホームページURL (1件): https://www.kyougokumakoto.com
研究分野 (5件): 公衆衛生学・健康科学 ,  リハビリテーション科学・福祉工学 ,  哲学・倫理学 ,  応用健康科学 ,  教育学
研究キーワード (12件): 多職種連携 ,  信念対立 ,  信念対立解明アプローチ ,  哲学 ,  教育 ,  チーム医療 ,  コミュニケーション ,  精神医療 ,  構造構成学 ,  構造構成主義 ,  作業療法 ,  リハビリテーション
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2016 - 2018 多職種連携で生じる意見の対立を解き明かす技術の教育プログラムの開発
  • 2015 - 2018 要支援の地域在住高齢者のための住生活の安全管理を支援する在宅健康プログラムの構築
  • 2015 - 2017 地域在住統合失調症者の再発リスクを軽減する包括的環境支援評価システムの開発
  • 2016 - 2017 信念対立解明アプローチ基礎とした異文化理解力涵養プログラム
  • 2011 - 2014 要支援高齢者のための在宅健康の評価ツールと支援プログラムの開発
全件表示
論文 (139件):
  • 野口 卓也, 京極 真. 精神障害者におけるポジティブ作業に根ざした実践のプログラム開発とその適用方法の予備的検討. 作業療法. 2019. 38. 1. 54-63
  • 京極 真. ポリファーマシーの信念対立を克服するために : 信念対立解明アプローチの立場から (特集 ポリファーマシー 在宅医だからこそできる対策とは). 在宅新療0→100 : 0歳-100歳までの在宅医療と地域連携を考える専門雑誌 : the Japanese journal of home care medicine for all ages. 2018. 3. 12. 1161-1165
  • 寺岡睦, 寺岡睦, 京極真. 臨床における作業機能障害の種類と評価(CAOD)の尺度特性. 作業療法. 2018. 37. 5. 508-517-517
  • 古桧山建吾, 古桧山建吾, 京極真. 理論に根ざした実践で生じる信念対立と自己受容性との関連性. 作業療法. 2018. 37. 3. 301-309-309
  • 野口卓也, 野口卓也, 京極真. 精神科デイケアにおける幸福を促進する作業への関わりの状態を測定できる等化評価の臨床有用性. 作業療法. 2018. 37. 2. 230-238-238
もっと見る
MISC (92件):
  • 福田浩, 福田浩, 京極真. 感情調節困難患者がマインドフルネスを感じやすい作業の解明. 日本作業療法学会抄録集(CD-ROM). 2018. 52nd. ROMBUNNO.OH-8-3
  • 清家庸佑, 清家庸佑, 京極真, 寺岡睦, 寺岡睦. 精神障害領域におけるSTODの尺度特性の検討. 日本作業療法学会抄録集(CD-ROM). 2018. 52nd. ROMBUNNO.PH-2C03
  • 山下高介, 京極真. 精神科作業療法における作業に根ざした実践の介入戦略解明のための文献レビュー. 日本作業療法学会抄録集(CD-ROM). 2018. 52nd. ROMBUNNO.PH-2B02
  • 中村裕美, 京極真, 森川美絵, 白岩健, 森川葉子. 要支援・介護高齢者の社会的ケア関連QOLを測定する評価尺度日本語版の構築. 日本作業療法学会抄録集(CD-ROM). 2018. 52nd. ROMBUNNO.OJ-3-1
  • 大野力, 大野力, 岩田美幸, 籔脇健司, 京極真, 平尾一樹. 中年期の作業参加が生きがいを通じて作業機能障害およびQOLへ与える影響. 日本作業療法学会抄録集(CD-ROM). 2018. 52nd. ROMBUNNO.OR-3-5
もっと見る
書籍 (23件):
  • 構造構成主義の展開-21世紀の思想のあり方 (現代のエスプリ no. 475)
    至文堂 2007 ISBN:4784354751
  • エマージェンス人間科学-理論・方法・実践とその間から
    北大路書房 2007 ISBN:4762825360
  • 現代思想のレボリューション(構造構成主義研究 1)
    北大路書房 2007 ISBN:4762825441
  • 人間作業モデル 改訂第3版-理論と応用
    協同医書出版社 2007 ISBN:4763921169
  • 信念対立の克服をどう考えるか(構造構成主義研究 2)
    北大路書房 2008 ISBN:4762825980
もっと見る
講演・口頭発表等 (108件):
  • EBMからEBOTへ
    (第38回日本作業療法学会 2004)
  • ナラティブは思わぬことまでもたらしてくれる
    (第14回日本作業行動研究会 2004)
  • 誰でもわかるEBOT実践ガイド
    (第1回東京都EBOT勉強会 2004)
  • EBOT再考~新たな展開に向けて~
    (第3回東京都作業療法学会 2004)
  • 『EBOTから構造構成的EBOT(Structure-Construction Evidence-based Occupational Therapy,SCEBOT)へ』
    (第3回EBOT-GT 2005)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2001 滋賀医療技術専門学校 作業療法学科
  • - 2003 放送大学 教養学部 生活と福祉専攻
  • - 2007 東京都立保健科学大学大学院保健科学研究科作業療法学専攻修士課程
  • - 2009 首都大学東京大学院人間健康科学研究科作業療法科学系博士後期課程
学位 (2件):
  • 博士(作業療法学) (首都大学東京)
  • 修士(作業療法学) (東京都立保健科学大学)
経歴 (2件):
  • 2007/04 - 2010/03 社会医学技術学院 講師
  • 2010/04 - 吉備国際大学 准教授
委員歴 (1件):
  • 2007/03 - 学際誌『構造構成主義研究』 副編集長
受賞 (1件):
  • 2012/02 - 第8回順正学園学術交流コンファレンス 高梁市長賞 「信念対立解明アプローチとは何か」
所属学会 (4件):
日本作業療法士協会 ,  日本作業行動学会 ,  EBOTグループジャパン ,  日本保健科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る