研究者
J-GLOBAL ID:201001089364273142   更新日: 2020年06月21日

生井 亮司

ナマイ リヨウジ | RYOJI NAMAI
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 美学、芸術論 ,  教科教育学、初等中等教育学 ,  教育学
研究キーワード (8件): Arts based Research ,  彫刻 ,  哲学プラクティス ,  美術工芸 ,  図画工作 ,  教育哲学 ,  美術論 ,  芸術諸学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2021 Arts-Based Researchによる芸術を基盤とした探究型学習理論の構築
  • 2018 - 2021 判断力養成としての美術教育の歴史的・哲学的・実践的研究
  • 2019 - 2020 しあわせにつながる親と子の対話についての研究
  • 2016 - 2017 学科横断・教職員連携による新ブランドに基づく『幸せ研究』の展開
  • 2009 - 2012 美術とスポーツにおける身体観の相違についての理論的・実践的研究
論文 (8件):
  • 生井 亮司. 子育て期の保護者における哲学対話の意義. 武蔵野教育学論集. 2019. 7. 91-102
  • 生井 亮司. 造形制作活動における意識と身体(1)-沈黙することで現れる主体性、木村素衛の身体論に導かれながらー. 武蔵野教育学論集. 2017. 第2号. 21-28
  • 自己生成の場としての図画工作-「見ること」の深化と世界との出会い-. 武蔵野大学教職センター紀要 第4号. 2016. 第4号. 37-46
  • 気配・共振・身体. (科学研究費補助金 研究成果報告書)美術とスポーツにおける身体観の相違についての理論的・実践的研究. 2012. 56-62
  • 造形活動における「素材」と「身体」の人間形成的意義. 武蔵野大学人間関係学部紀要第8号. 2011
もっと見る
MISC (6件):
  • 生井 亮司. 風の中に生きる子どもたち. 子ども発達学科開設記念シンポジウム報告書. 2019. 46-47
  • 生井 亮司. 哲学者、彫刻家 ワグナー・ナンドールー西洋的知性と東洋的感性への深い信頼ー. ミチカケ09. 2017. 40-41
  • 生井 亮司. 「アールブリュットの身体ー造形制 作あるいはその支援、ケアにおける我執性とその先に現れてくるもの」. 2017
  • 生井 亮司. 美術と情操. 武蔵野大学 平成27年度武蔵野市寄付講座講義録. 2016
  • 作品をつくることと生の実感についてーー私の意識自体を壊すものとしての制作行為. 少年の詩学ー生井亮司展作品集. 2013
もっと見る
書籍 (3件):
  • 少年の詩学ー生井亮司個展作品集
    小山市立車屋美術館 2013
  • 美術と教育のあいだ
    東京藝術大学出版会 2011 ISBN:9784904049266
  • 社会福祉法人あすはの会編『希望のアート』「こころのかたち」
    文化書房博文社 2010
講演・口頭発表等 (19件):
  • 保育における哲学対話の可能性
    (日本保育学会第73回大会 2020)
  • フィールドの知性とは何かー海外で専門の学びの視野を広げるFS
    (武蔵野大学 学外学修(フィールド・スタディーズ)シンポジウム 2020)
  • 触覚の教室 触れることからはじめる身体
    (触覚の教室 触れることからはじめる身体 2019)
  • 子どもの造形活動と「弱さ」について
    (武蔵野大学こども発達学科リカレント企画シンポジウム「弱さと生きるー子ども・大人・保育」 2019)
  • ART×哲学プラクティス・作ることとと哲学することによる探求-あらわれるかたちの意味-
    (美術と教育 全国リサーチプロジェクト「こんな授業を受けてみたい!」 2019)
もっと見る
Works (45件):
  • 「ART=Research 探究はどこにあるのか」
    生井 亮司 2020 - 2020
  • 「私」というものの存在の仕方
    生井 亮司 2019 - 2019
  • 第93回国展「Poetics of a boy-The day I saw the air」
    生井 亮司 2019 - 2019
  • 「美術教育の森展」作品「Poetics of a boy-Fumi-」
    生井 亮司 2019 - 2019
  • 土祭「生成変容するかたち」
    生井 亮司 2018 - 2018
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 東京藝術大学大学院 芸術学専攻 美術教育分野
  • - 2006 東京藝術大学大学院 芸術学専攻美術教育分野
  • - 1998 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科
学位 (3件):
  • 学士 (武蔵野美術大学)
  • 修士 (東京藝術大学大学院)
  • 博士 (東京藝術大学大学院)
経歴 (9件):
  • 2020/04 - 現在 武蔵野大学 教育学部 幼児教育学科 学科長
  • 2019/04 - 現在 武蔵野大学 教育学部 教授
  • 2019/04 - 現在 京都造形芸術大学大学院 芸術研究科(通信教育課程) 非常勤講師
  • 2013/04 - 2019/03 武蔵野大学教育学部 児童教育学科 准教授
  • 2011/04/01 - 2013/03/31 武蔵野大学教育学部 児童教育学科 講師
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2017 - 現在 厚労省 平成28年度障害者の芸術活動支援モデル事業 評価委員
  • 2011 - 美術解剖学会 幹事
  • 2009/04 - 美術教育研究会 幹事
  • 2008/04 - 2009/03 美術教育研究会 学生委員
受賞 (3件):
  • 2009 - 国画賞(第83回国展/国立新美術館)
  • 2008 - 平山郁夫奨学金賞(東京藝術大学)
  • 2006 - 伊藤廣利奨学金賞受賞(東京藝術大学)
所属学会 (7件):
日本保育学会 ,  日本ホリスティック教育協会 ,  教育哲学会 ,  日本美術家連盟 ,  国画会(彫刻部) ,  美術教育研究会 ,  美術解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る