研究者
J-GLOBAL ID:201001090560585720   更新日: 2020年08月27日

臼井 靖浩

ウスイ ヤスヒロ | Usui Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
ホームページURL (2件): https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000020631485/https://nrid.nii.ac.jp/en/nrid/1000020631485/
研究分野 (6件): 農業環境工学、農業情報工学 ,  ランドスケープ科学 ,  環境農学 ,  植物栄養学、土壌学 ,  作物生産科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (39件): センシング ,  雑種強勢 (ヘテロシス) ,  雑草 ,  埋土種子 ,  環境保全型農業 ,  環境計測 ,  物質循環 ,  水田 ,  栽培環境 ,  フィールド ,  気候変動予測 ,  高温不稔 ,  外観品質 ,  耕地栽培 ,  品種間差 ,  光合成 ,  グランドトゥルースデータ ,  気候変動適応 ,  土壌物理 ,  地球温暖化 ,  高温登熟耐性 ,  気候変動 ,  モニタリング ,  CO2・pH・溶存酸素(DO) ,  高温ストレス ,  水稲 ,  つくばみらいFACE ,  畑輪作体系 ,  群落微気象 ,  テンサイ ,  小麦 ,  作物生理 ,  ソルガム ,  ソバ ,  ビッグデータ ,  気孔コンダクタンス ,  フェノタイピング ,  ひよこ豆 ,  干ばつ
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2019 - 2023 高解像気候変動予測と作物データセットの充実による農業適応策の提示
  • 2018 - 2021 ディープデータから読み解く:テンサイ耐病性獲得機構の解明
  • 2015 - 2021 フィールドセンシング時系列データを主体とした農業ビッグデータの構築と新知見の発見
  • 2018 - Genotype and environment interaction between F1s and their parents in sugar beet (Beta vulgaris)
  • 2017 - 2018 テンサイF1系統の群落環境および生理的特徴の網羅的解析
全件表示
論文 (21件):
  • M. Sikma, H. Ikawa, B.G. Heusinkveld, M. Yoshimoto, T. Hasegawa, L.T. Groot Haar, N.P.R. Anten, H. Nakamura, Vila-Guerau de Arellano, H. Sakai, T. Tokida, Y. Usui, J.B. Evers. Quantifying the feedback between rice architecture, physiology and microclimate under current and future CO2 conditions. Journal of Geophysical Research:Biogeosciences. 2020. 125. 3. e2019JG005452
  • 臼井靖浩, 広田知良, 平藤雅之. 2016年初夏の多雨および低日射条件下の秋まき小麦登熟過程における粒重増加および炭素・窒素動態の品種間比較. 北海道の農業気象. 2019. 71. 27-36
  • Hidemitsu Sakai, Takeshi Tokida, Yasuhiro Usui, Hirofumi Nakamura, Toshihiro Hasegawa. Yield responses to elevated CO2 concentration among Japanese rice cultivars released since 1882. Plant Production Science. 2019. 22. 3. 352-366
  • Atsuko Miyagi, Ko Noguchi, Takeshi Tokida, Yasuhiro Usui, Hirofumi Nakamura, Hidemitsu Sakai, Toshihiro Hasegawa, Maki Kawai-Yamada. Oxalate contents in leaves of two rice cultivars grown at a free-air CO2 enrichment (FACE) site. Plant Production Science. 2019. 22. 3. 407-411
  • Kazuhiro Kobayasi, Hidemitsu Sakai, Takeshi Tokida, Hirofumi Nakamura, Yasuhiro Usui, Mayumi Yoshimoto, Toshihiro Hasegawa. Effects of Free-Air CO2 Enrichment on Flower Opening Time in Rice. Plant Production Science. 2019. 22. 3. 367-373
もっと見る
MISC (33件):
  • 臼井靖浩. 書評 ポスドクの流儀-悩みを解きほぐして今日から行動するためのチェックリストー. 生物と気象. 2020. 20. 94-95
  • Toshihiro Hasegawa, Hidemitsu Sakai, Takeshi Tokida, Yasuhiro Usui, Kentaro Hayashi, Hitomi Wakatsuki. Adaptation to climate change and increasing CO2 in rice. Research Outreach. 2020. 113
  • 臼井靖浩. 書評 土 地球最後のナゾ ー100億人を養う土壌を求めてー. 生物と気象. 2020. 20. 11-12
  • 臼井靖浩. 小麦子実増大過程における粒重増加速度と炭素・窒素動態の品種間差異および追肥時期の違いによる収量・品質への影響. 公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団平成28年度報告書. 2017. 116-119
  • 臼井靖浩. 北海道畑作栽培研究の現状と今後の課題. 北海道の農業気象. 2017. 69. 6-9
もっと見る
書籍 (1件):
  • Rice FACE studies to improve assessment of climate change effects on rice agriculture.
    Advances in Agricultural Systems Modeling SV - 07 [査読有り] 2015 ISBN:9780891183525
講演・口頭発表等 (154件):
  • Characteristics and monitoring of local climate in rice paddy area of Japan
    (49th Asia Pacific Advanced Network (APAN) Meeting 2020)
  • Characteristics of local climate in rice paddy area of Japan
    (AgMIP-East Asia and Climate Smart Agriculture Symposium 2019)
  • 高浓度CO2背景下灌浆期增温对水稻产量与品质的影响
    (第10届全国环境化学大会 2019)
  • テンサイの生理的特徴の系統間差
    (日本農業気象学会2019年全国大会 2019)
  • 雑種強勢効果は、生育環境に影響を及ぼすか?
    (農学中手の会 第4回研究集会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2002 - 2005 岩手大学大学院連合農学研究科(博士課程)
  • 2000 - 2002 山形大学大学院農学研究科(修士課程)
学位 (1件):
  • 博士(農学) (岩手大学)
経歴 (9件):
  • 2019/05 - 現在 農研機構 北海道農業研究センター
  • 2019/07 - 2020/03 兼任 Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation (CSIRO), Visiting Scientist (オーストラリア連邦科学産業研究機構, 客員研究員)
  • 2019/04 - 2019/04 農研機構 北海道農業研究センター(併任 農業情報研究センター)
  • 2018/12 - 2019/03 農研機構 農業情報研究センター(併任 北海道農業研究センター)
  • 2015/10 - 2018/11 農研機構 北海道農業研究センター
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2017/04 - 2019/03 日本農業気象学会 北海道支部会 幹事(編集委員)
  • 2017/11 - 2018/08 農業気象サマースクール実行委員
  • 2017/04 - 2018/03 日本農業気象学会 日本農業気象学会2018年大会/ISAM2018若手企画委員
  • 2016/04 - 2018/03 日本農業気象学会 若手会代表幹事
受賞 (2件):
  • 2018/04 - 国立研究開発法人科学技術振興機構 AIPネットワークラボ AIPネットワークラボ長賞
  • 2017/04 - 国立研究開発法人科学技術振興機構 AIPネットワークラボ AIPネットワークラボ長賞
所属学会 (5件):
日本作物学会 ,  日本農業気象学会 ,  日本土壌肥料学会 ,  てん菜研究会 ,  日本農業気象学会北海道支部会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る