研究者
J-GLOBAL ID:201001090667274824   更新日: 2020年06月12日

河野 麻沙美

カワノ マサミ | Kawano Masami
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 教育学 ,  教育心理学
研究キーワード (6件): 探究 ,  総合的な学習の時間 ,  教授学習過程 ,  教育方法学 ,  学習科学 ,  授業研究
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2017 - 2022 教師の学習文化と授業デザインの変容に着目した授業研究の文化化過程の検討
  • 2015 - 2019 学習科学を応用したイノベーティブな教育の理論と方法に関する国際調査研究
  • 2014 - 2017 教師の力量形成を促す「授業研究」の構造と学校文化の検討
  • 2011 - 2013 社会に生きる学力形成をめざしたカリキュラム・イノベーションの理論的・実践的研究
  • 2011 - 2013 算数授業のデザインプロセスと実践化の検討:アクションリサーチからのアプローチ
全件表示
論文 (18件):
  • 河野 麻沙美. 理論・実践・学習指導要領を架橋する. 教育創造. 2017. 187. 38-44
  • 河野 麻沙美, 佐藤 賢治. キャリア教育の視点に立った特別な支援を必要とする児童生徒のための進路指導 : 地域の実態と課題に即した研修のデザイン. 上越教育大学研究紀要 = Bulletin of Joetsu University of Education. 2017. 36. 2. 319-328
  • 河野 麻沙美. 「授業研究」の導入過程とその葛藤 : インドネシアにおけるアクションリサーチからの検討. 上越教育大学研究紀要 = Bulletin of Joetsu University of Education. 2016. 36. 1. 73-84
  • 佐藤 賢治, 河野 麻沙美, 辻野 けんま. 学校管理職に必要な力量はいかに定義されるのか : 大学・教育委員会・学校当事者の意識から. 上越教育大学研究紀要 = Bulletin of Joetsu University of Education. 2016. 36. 1. 275-284
  • 河野 麻沙美. 教員養成課程におけるアクティブラーニングの課題と展望 : 21世紀型の学びを創出する教師の育成に向けて. 上越教育大学研究紀要 = Bulletin of Joetsu University of Education. 2016. 35. 43-55
もっと見る
MISC (18件):
  • 泰山 裕, 河野 麻沙美, 君塚 裕子. プログラミング的思考に対する学習者の評価 : プログラミング的思考の学習場面と活用場面の比較から (プログラミング教育・LA/一般). 日本教育工学会研究報告集. 2018. 18. 1. 47-50
  • 河野 麻沙美, 山口 悦司. 諸外国における学習科学を応用した教師教育プログラム(1)ミルズ大学とフロリダ大学の事例 (教育の情報化/一般). 日本教育工学会研究報告集. 2017. 17. 3. 165-168
  • 山森 光陽, 磯田 貴道, 中本 敬子, 河野 麻沙美, 黒田 拓志. PD043 学級規模の大小による学習指導の工夫の違い : 教師の日常的な学習指導の工夫からみた学級の適正規模(教授・学習・認知,ポスター発表D). 日本教育心理学会総会発表論文集. 2015. 57. 57
  • 山森 光陽, 萩原 康仁, 縣 拓充, 犬塚 美輪, 大久保 智生, 岡田 涼, 河崎 美保, 河野 麻沙美, 寺本 貴啓, 松沼 光泰. JF02 学級規模研究における教育心理学的アプローチ(自主企画シンポジウム). 日本教育心理学会総会発表論文集. 2013. 55. 55. S138-S139
  • 河野 麻沙美. PA-023 算数科における表現力を育む対話実践と学習ノート(教授・学習,ポスター発表). 日本教育心理学会総会発表論文集. 2012. 54. 54
もっと見る
書籍 (14件):
  • 東アジアにおける法規範教育の構築:市民性と人権感覚に支えられた規範意識の醸成
    風間書房 2020 ISBN:4759923179
  • 主体的・対話的で深い学びに導く 学習科学ガイドブック
    北大路書房 2019 ISBN:4762830801
  • 教師のわざを科学する
    一莖書房 2019 ISBN:9784870742192
  • 中学校 新学習指導要領の展開 総合的な学習 編
    明治図書 2017 ISBN:4183351138
  • 小学校 新学習指導要領の展開 総合的な学習 編
    明治図書 2017 ISBN:4183289122
もっと見る
講演・口頭発表等 (45件):
  • 授業研究の研究:欧州への着目
    (福岡教育大学 研究交流イベント 2020)
  • 学習指導要領の改訂に向けた授業研究の視点
    (新潟市中学校教育研究会評議会 2020)
  • 福岡教育大学附属福岡小 共同研究会
    (福岡教育大学附属福岡小 共同研究会 2019)
  • 課題研究III Research on Teachingとしての授業研究の可能性
    (日本教育方法学会第 55 回大会 2019)
  • 生体情報を用いた教授学習研究の可能性
    (日本教育心理学会第61 回総会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2008 東京大学 総合教育科学専攻 教育創発学コース(旧学校教育開発学コース)
  • - 2001 お茶の水女子大学 人間生活学科発達臨床学講座
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2017/04 - 現在 上越教育大学大学院 学校教育研究科(研究院) 准教授
  • 2013/10 - 2017/03 上越教育大学 学校教育研究科(研究院) 講師
  • 2011 - 2013/03 東京大学 海洋教育促進研究センター 特任講師
  • 2008/12 - 2010/12 東京大学 大学院教育学研究科附属学校教育高度化センター 助教
  • 2007/04 - 2008/11 日本学術振興会(東京大学) 特別研究員(DC2,PD)
委員歴 (9件):
  • 2020/04 - 現在 福岡教育大学附属福岡小学校 研究開発指定校 運営指導委員
  • 2018/04 - 現在 文部科学省 教育研究開発企画評価会議協力者
  • 2019/04 - 2020/03 上越市教育委員会 上越市小中学校適正配置審議委員会委員
  • 2019/02 - 2020/03 国立教育政策研究所 「評価基準、評価方法等の工夫改善に関する調査研究」協力者(小中・総合的な学習の時間)
  • 2017/04 - 2020/03 独立行政法人日本学生支援機構 官民協働海外留学支援制度選考委員会専門選考委員
全件表示
所属学会 (4件):
日本教育工学会 ,  日本カリキュラム学会 ,  教育方法学会 ,  日本教育心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る