研究者
J-GLOBAL ID:201001094277343758   更新日: 2019年10月21日

松本 三枝子

マツモト ミエコ | Matsumoto Mieko
所属機関・部署:
職名: -
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 英文学、英語圏文学
研究キーワード (8件): ジェイン・マーセット ,  ハナ・モア ,  ハリエット・マーティノー ,  手引書 ,  経済学 ,  家父長制 ,  女性作家 ,  19世紀イギリス
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 2019 手引書としてのマーティノー『経済学例解』研究--物語による専門的知識の普及
  • 2011 - 2012 競争的経費
  • 2006 - 2007 イギリス女性雑誌研究:19世紀後期から20世紀初頭まで
  • 1998 - 1999 19世紀イギリス女性作家と家父長制
論文 (26件):
  • 松本三枝子. Harriet Martineau と Jane Maarcet-対話から物語へ. 愛知県立大学外国語学部紀要言語・文学編. 2018. 50. 89-110
  • 松本三枝子. Harriet MartineauとHannah More-政治・社会状況への危機意識と物語の役割. 『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』. 2017. 18. 47-68
  • 松本三枝子. 『オーロラ・フロイド』とモダニティーーオーロラと彼女の秘密. 愛知県立大学国際文化研究科論集. 2015. 16. 65-83
  • 松本三枝子. エリザベス・ギャスケルとジョージ・エリオットのロンドン. 愛知県立大学大学院国際文化研究科論集. 2014. 15. 45-63
  • 松本三枝子. ハリエット・マーティノーの『デメララ』における奴隷制廃止論、功利主義、文明化の使命. 愛知県立大学大学院国際文化研究科論集. 2012. 13. 99-114
もっと見る
書籍 (11件):
  • 『授業力アップのための英語圏文化・文学の基礎知識』
    開拓社 2017
  • 『帝国と文化--シェイクスピアからアントニオ・ネグりまで』
    春風社 2016
  • 『英米文学における父の諸変奏』
    英宝社 2016
  • 境界線上の文学 (共著)
    彩流社 2013
  • 闘うヴィクトリア朝女性作家たち-エリオット、マーティノー、オリファント(単著)
    彩流社 2012
もっと見る
学歴 (2件):
  • 名古屋大学 英文学専攻
  • 名古屋大学大学院 博士後期課程(英文学専攻)
学位 (1件):
  • 修士(文学) (名古屋大学)
経歴 (3件):
  • 2004/04 - 2018/03 愛知県立大学国際文化研究科 教授
  • 1999/04 - 2018/03 愛知県立大学外国語学部 教授
  • 1992/04 - 1999/03 愛知県立大学外国語学部 助教授
委員歴 (9件):
  • 2007 - 現在 日本比較文学会中部支部 (代表幹事 2007-2008) 幹事 .
  • 2015/04 - 2018/06 日本比較文学会中部支部 支部長
  • 2015/04 - 2018/06 日本比較文学会 理事
  • 2014/05 - 2015/05 日本英文学会 理事
  • 2014/04 - 2015/03 日本英文学会中部支部 支部長
全件表示
受賞 (1件):
  • なし
所属学会 (6件):
名古屋大学英文学会 ,  日本ギャスケル協会 ,  George Eliot Fellowship ,  ヴィクトリア朝文化研究学会 ,  日本比較文学会 ,  日本英文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る