研究者
J-GLOBAL ID:201001096662607882   更新日: 2020年08月29日

二村 太郎

フタムラ タロウ | Futamura Taro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 地域研究 ,  人文地理学 ,  地理学
研究キーワード (6件): ローカルフード運動 ,  アメリカ研究 ,  地理学 ,  Local Food Movement ,  American Studies ,  Geography
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2013 - 2015 農・食・地域をつなぐ空間-アメリカ合衆国ファーマーズマーケットの持続可能性
論文 (15件):
  • 二村太郎, 杉山和明. The dark side of the nightscape: The growth of izakaya chains and the changing landscapes of evening eateries in Japanese cities. Food, Culture & Society An International Journal of Multidisciplinary Research. 2018. 21. 1. 101-117
  • 杉山和明, 二村太郎. 英語圏人文地理学における「酒精・飲酒・酩酊」に関する研究動向 -日本における今後の事例研究に向けて-. 空間・社会・地理思想. 2017. 20. 97-108
  • 二村 太郎. 人口減少下のデトロイトにおける都市農業の発展とその課題 (特集 第6部門研究成果報告). 同志社アメリカ研究. 2015. 51. 47-65
  • 二村太郎, 荒又美陽, 成瀬 厚, 杉山和明. 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか-英語圏と日本における受容過程の比較検討から-. E-journal GEO. 2012. 7. 2. 225-249
  • 二村 太郎. 地理資料 ファーマーズマーケットからみたアメリカ合衆国の地理. 新地理. 2010. 58. 3. 50-55
もっと見る
MISC (8件):
  • 二村 太郎. 都市で農産物直売を始めるということ:マルシェ・ジャポン・プロジェクトの東京開催会場をめぐる場所の政治. 人文地理学会大会 研究発表要旨. 2013. 2013. 0. 70-71
  • 二村 太郎. アメリカの農と食をめぐる潮流を読む-近年刊行された和書4冊を題材に-. 同志社アメリカ研究. 2011. 47. 135-143
  • 二村 太郎. 書評 矢ケ崎典隆編:『食と農のアメリカ地誌』. 地理空間. 2010. 3. 2. 139-142
  • Understanding Geography of the United States through Farmers' Markets. The New Geography. 2010. 58. 3. 50-55
  • 二村 太郎. P. グールド・F. ピッツ編,杉浦芳夫監訳:地理学の声--アメリカ地理学者の自伝エッセイ集--. 地理学評論 Series A. 2009. 82. 5. 495-498
もっと見る
書籍 (9件):
  • アルコールと酔っぱらいの地理学 : 秩序ある/なき空間を読み解く
    明石書店 2019 ISBN:9784750348667
  • アメリカ文化事典
    丸善出版 2018 ISBN:9784621302149
  • スクリブナー思想史大事典
    丸善出版 2016
  • 人文地理学会編『人文地理学事典』
    丸善出版 2013
  • 内藤正典・岡野八代編『グローバル・ジャスティス-新たな正義論への招待』
    ミネルヴァ書房 2013
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2008 ケンタッキー大学大学院
  • 1998 - 2001 筑波大学大学院 地理学・水文学専攻地誌学分野
  • 1994 - 1998 横浜国立大学 小学校教員養成課程社会科専攻地理学分属
学位 (2件):
  • Ph.D. (ケンタッキー大学)
  • 修士(理学) (筑波大学)
経歴 (21件):
  • 2016/04 - 現在 同志社大学 グローバル地域文化学部 准教授
  • 2014/10 - 現在 愛知教育大学 教育学部社会科コース 非常勤講師
  • 2020/04 - 2021/03 関西大学 文学部 総合人文学科 地理学・地域環境学専修
  • 2014/04 - 2016/03 同志社大学 グローバル地域文化学部 助教
  • 2015/04 - 2015/09 大阪市立大学 文学部人間行動学科地理学コース 非常勤講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2009/04 - 2010/03 日本地理学会 会員、選挙管理委員(2009-2010)
  • 1999 - 人文地理学会 企画委員(2011~2013)、集会委員(2014~2016)、協議員(2014~2016、2018~2020)
受賞 (4件):
  • 2007 - ケンタッキー州名誉州民賞
  • 2007 - Honorary Kentucky Colonel
  • 2004/04 - ケンタッキー大学文理学部地理学科 最優秀講師(院生)賞
  • 2004 - Outstanding Instructor Award (Department of Geography, University of Kentucky)
所属学会 (4件):
アメリカ学会 ,  アメリカ地理学会(AAG) ,  人文地理学会 ,  日本地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る