研究者
J-GLOBAL ID:201001098864479080   更新日: 2020年10月16日

上田 宏

ウエダ ヒロシ | Ueda Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 研究員
ホームページURL (2件): http://www.r-ccs.riken.jp/labs/cms/http://www.researcherid.com/rid/F-2997-2013
研究分野 (2件): 数理物理、物性基礎 ,  磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (13件): 計算物理 ,  手法開発 ,  変分法 ,  テンソルネットワーク ,  量子相転移 ,  Numerical Calculation ,  Matrix Product State ,  数値計算 ,  行列積状態 ,  密度行列繰り込み群 ,  量子スピン系 ,  Density Matrix Renormalization Group ,  Quantum Spin Chain
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2023 テンソルネットワークによる量子状態圧縮技術の高度化
  • 2017 - 2021 密度行列繰り込み群法の高度化-点群対称性への適応-
  • 2017 - 2020 二次元フラストレート量子スピン系における磁場誘起トポロジカル相転移の理論
  • 2013 - 2017 高次特異値分解によるテンソルネットワーク状態の最適化-量子系への応用-
  • 2012 - 非可換DMRG法による2次元量子スピン系シミュレーション手法の構築
全件表示
論文 (26件):
  • Hiroshi Ueda, Kouichi Okunishi, Seiji Yunoki, Tomotoshi Nishino. Corner transfer matrix renormalization group analysis of the two-dimensional dodecahedron model. Physical Review E. 2020. 102. 3. 032130 [8 pages]
  • Hiroshi Ueda, Shigeki Onoda. Roles of easy-plane and easy-axis XXZ anisotropy and bond alternation in a frustrated ferromagnetic spin- 12 chain. Physical Review B. 2020. 101. 22. 224439 [13 pages]
  • Hiroshi Ueda, Kouichi Okunishi, Kenji Harada, Roman Krčmár, Andrej Gendiar, Seiji Yunoki, Tomotoshi Nishino. Finite- m scaling analysis of Berezinskii-Kosterlitz-Thouless phase transitions and entanglement spectrum for the six-state clock model. Physical Review E. 2020. 101. 6. 062111 [7 pages]
  • H. Ueda, S. Onoda, Y. Yamaguchi, T. Kimura, D. Yoshizawa, T. Morioka, M. Hagiwara, M. Hagihala, M. Soda, T. Masuda, et al. Emergent spin-1 Haldane gap and ferroelectricity in a frustrated spin-12 ladder. Physical Review B. 2020. 101. 14. 140408(R) [6 pages]
  • Hiroshi Ueda, Takahiro Morimoto, Tsutomu Momoi. Symmetry protected topological phases in two-orbital SU(4) fermionic atoms. Phys. Rev. B. 2018. 98. 045128 [11 pages]
もっと見る
MISC (38件):
  • Hiroshi Ueda, Seiji Yunoki. Quantum-inspired search method for low-energy states of classical Ising Hamiltonians. 2020
  • Hiroshi Ueda, Kouichi Okunishi, Seiji Yunoki, Tomotoshi Nishino. Corner transfer matrix renormalization group analysis of the two-dimensional dodecahedron model. arXiv:2004.08669. 2020
  • Hiroshi Ueda, Shigeki Onoda. Roles of easy-plane and easy-axis XXZ anisotropy and bond alternation on a frustrated ferromagnetic spin-$1/2$ chain. 2020
  • Hiroshi Ueda, Kouichi Okunishi, Kenji Harada, Roman Krčmár, Andrej Gendiar, Seiji Yunoki, Tomotoshi Nishino. Finite-$m$ scaling analysis of Berezinskii-Kosterlitz-Thouless phase transitions and entanglement spectrum for the six-state clock model. 2020
  • Hiroshi Ueda, Takahiro Morimoto, Tsutomu Momoi. Symmetry protected topological phases in two-orbital SU(4) fermionic atoms. 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (91件):
  • 量子計算機に適合したテンソルネットワーク法
    (物性研究所短期研究会 「量子多体計算と第一原理計算の新展開」 2020)
  • テンソルネットワークによる量子状態圧縮技術の高度化
    (さきがけ「革新的な量子情報 処理技術基盤の創出」研究領域 第2 回領域会議 2020)
  • 行列積ユニタリ状態を利用した変分法の開発
    (日本物理学会第75回年次大会(2020年) 2020)
  • Tree Tensor Network を用いた量子系の最適表現I
    (日本物理学会第75回年次大会(2020年) 2020)
  • Tree Tensor Network を用いた量子系の最適表現II
    (日本物理学会第75回年次大会(2020年) 2020)
もっと見る
Works (14件):
  • PowerPoint用 カウントアップタイマー
    上田宏 2020 -
  • 基底の並べ替えによる対称行列のブロック対角化(Fortran90)
    上田 宏 2019 -
  • 全Sz保存版 無限系DMRG(Fortran90, openMP版)
    上田 宏 2019 -
  • iTEBD(Spin-Sジグザグ鎖)(Fortran90, OpenMP版)
    上田 宏 2019 -
  • 2次元一様格子上の S=1/2 XXZ 模型に対する厳密対角化:飽和磁化近傍用 波数分解版
    上田 宏 2017 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2009 - 2011 大阪大学 物質創成専攻 博士後期課程
  • 2007 - 2009 大阪大学 物質創成専攻 修士課程
  • 2005 - 2007 大阪大学 電子物理科学科
  • 2000 - 2005 大阪府立工業高等専門学校 電子情報工学科
学位 (2件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
  • 修士(工学) (大阪大学)
経歴 (18件):
  • 2020/07 - 現在 独立行政法人日本学術振興会 卓越研究員候補者
  • 2019/10 - 現在 科学技術振興機構 (JST) さきがけ研究者 (兼任)
  • 2018/04 - 現在 国立研究開発法人理化学研究所 計算科学研究センター 研究員
  • 2020/11 - 2020/11 神戸大学 大学院理学研究科 非常勤講師(集中講義)
  • 2019/02 - 2020/03 慶應義塾大学 量子コンピューティングセンター 訪問研究員
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2020/04 - 2021/03 日本物理学会 領域運営委員(領域11)
  • 2017/04 - 2019/03 理研男女共同参画推進委員会 神戸部会委員
  • 2017/04 - 2019/03 RIKEN R-CCS Cafe ファシリテーター
  • 2018/02 - 2018/02 Tensor Network States: Algorithms and Applications (TNSAA) 2018-2019 組織委員
  • 2017/03 - 2017/03 情報・データ科学との連携・融合による物性物理・量子化学の新展開 組織委員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2020/04 - American Physical Society PRB Editors' Suggestion "Emergent spin-1 Haldane gap and ferroelectricity in a frustrated spin-1/2 ladder", Phys. Rev. B 101, 140408(R) (2020)
  • 2010/06 - 独立行政法人日本学生支援機構 特に優れた業績による奨学金返還免除(半額)
  • 2009/06 - 独立行政法人日本学生支援機構 特に優れた業績による奨学金返還免除(全額)
  • 2009/03 - 大阪大学大学院基礎工学研究科 物質創成専攻 得居奨励賞 密度行列繰り込み群による低次元反強磁性量子スピン系の量子相転移の解析
  • 2009/03 - 大阪大学 基礎工学研究科 物質創成専攻賞
全件表示
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る