研究者
J-GLOBAL ID:201001099157167877   更新日: 2021年10月27日

安藤 義人

アンドウ ヨシト | Ando Yoshito
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.life.kyutech.ac.jp/~yando/
研究分野 (7件): 高分子材料 ,  高分子化学 ,  有機合成化学 ,  機能物性化学 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  電子デバイス、電子機器 ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学
研究キーワード (8件): 機能性表面 ,  資源循環材料 ,  気相重合 ,  有機光化学 ,  有機合成 ,  バイオマス ,  循環型材料 ,  重合
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2009 - 2012 気相重合により高度な耐候性が付与された木質成分とプラスチックとの複合材料
  • 2009 - 2012 次世代ポリ乳酸(PTMG)の開発と進化した低炭素循環産業の北九州市への誘致
  • 2009 - バイオマスを利用した新たな資源循環材料の創生に関する研究
  • 2009 - 気相重合法を利用したバイオマス材料の創生に関する研究
  • 2009 - バイオマスを利用した有機/無機複合材料に関する研究
論文 (59件):
  • Zheng A.L.T, Boonyuen S, Li G.Y, Ngee L.H, Andou Y. Design of reduced graphene hydrogel with alkylamine surface functionalization through immersion/agitation method and its adsorption mechanism. Journal of Molecular Structure. 2021. 1245
  • Thushatharcchini Sivam, N. S.K. Gowthaman, H. N. Lim, Yoshito Andou, P. Arul, E. Narayanamoorthi, S. Abraham John. Tunable electrochemical behavior of dicarboxylic acids anchored Co-MOF: Sensitive determination of rutin in pharmaceutical samples. Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects. 2021. 622
  • Yadav N, Kumari N, Ando Y, Pandey S.S, Singh V. Probing the metal/conducting polymer interface and implications of the metal diffusion in two-terminal sandwich devices. Synthetic Metals. 2021. 278
  • Safarul Mustapha, Yoshito Andou. Tailored higher performance silicone elastomer with nanofibrillated cellulose through acidic treatment. Polymer Composites. 2021. 42. 5. 2282-2292
  • Yadav N, Kumari N, Ando Y, Pandey S.S, Singh V. PCPDTBT copolymer based high performance organic phototransistors utilizing improved chain alignment. Optical Materials. 2021. 113. 110886-110886
もっと見る
MISC (55件):
もっと見る
特許 (9件):
  • ナノセルロース複合材料及びその製造方法
  • ウレタン樹脂組成物及びその製造方法
  • 表面改質ナノセルロース及びその製造方法
  • 樹脂混合用ハイブリッドフィラー及びその製造方法
  • Zero valent metal initiated gas-phase deposition polymerization
もっと見る
書籍 (6件):
  • Modification of carbon-based electroactive materials for supercapacitor applications
    Carbon-Based Polymer Nanocomposites for Environmental and Energy Applications 2018
  • The surface functionalization through vapor-phase assisted surface polymerization(VASP) for natural filler based on agricultural waste(共著)
    Wiley-VCH Verlag GmbH&Co. KgaA. 2017
  • Surface functionalization through vapor-phase- assisted surface polymerization (VASP) on natural materials from agricultural by-products
    2017 ISBN:9781119223627
  • パームオイル製造に伴う環境負荷の低減とパームバイオマス、工場余剰エネルギーの有効利用によるグリーン産業の創出のための革新的科学技術の開発
    公益社団法人 日本生物工学会 2016
  • [九工大トップ技術Vol.3 “エコフィッティングな溶剤フリー重合プロセス:機能を持ったミクロ表面を創る”(共著)]
    西日本新聞社 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (50件):
  • 九州工業大学の研究促進・産学連携に向けた取り組み~環境共生材料の開発を中心に紹介~
    (ふくおか3Rメンバーズ設立記念式及びニーズ・シーズ発表会 2020)
  • Facile Synthesis and Characterization of Alkylamine-Functionalized Reduced Graphene Hydrogel
    (18th Asian Chemical Congress 2019)
  • Synthesis of Polyurethane with Modify Cellulose (L-30)
    (18th Asian Chemical Congress 2019)
  • Effects of Preparation Conditions on The Physical Properties and Structure of Whole-Cellulose Materials
    (18th Asian Chemical Congress 2019)
  • Simple Modification of Biochar from Oil Palm Fibers Using Autoclave for Water Treatment Purposes
    (18th Asian Chemical Congress 2019)
もっと見る
Works (6件):
  • SIIDEx 2018(マレーシア国イノベーション展示会の評価委員)
    2018 -
  • 次世代ポリ乳酸(PTMG)の開発と進化した低炭素循環産業の北九州市への誘致
    2009 - 2010
  • 気相重合により高度な耐候性が付与された木質成分とプラスチックとの複合材料
    2009 - 2010
  • 海洋バイオマスベースプラスチックの製造と環境調和型高度機能性材料の創生
    2009 -
  • 気相ラジカル重合法による立体規則性の制御
    2007 - 2008
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(工学) (宮崎大学)
  • Doctor of Engineering (University of Miyazaki)
経歴 (9件):
  • 2020/04/01 - 現在 九州工業大学 オープンイノベーション推進機構 准教授
  • 2018/04/01 - 2020/03/31 九州工業大学 イノベーション推進機構 准教授
  • 2016/08/01 - 2018/03/31 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻 特任准教授
  • 2010/04/01 - 2015/03/31 九州工業大学 エコタウン実証研究センター 准教授
  • 平成22年4月 ~ 平成28年3月 九州工業大学 エコタウン実証研究センター 准教授
全件表示
受賞 (1件):
  • 2019/12 - 18th Asian Chemical Congress (18th ACC・アジア化学会議) Best of the Best Prizes
所属学会 (5件):
エコマテリアル研究会 ,  グリーンケミストリー研究会 ,  高分子学会 ,  アメリカ化学会 ,  プラスチックリサイクル研究会(FSRJ)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る