{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002208668315553   整理番号:10A1615296

AFLP解析による近畿地方におけるチガヤの変異

Vatiation of Imperata cylindrica in Kinki district Japan revealed by AFLP analysis.
著者 (3件):
資料名:
巻: 36  号:ページ: 299-303  発行年: 2010年11月30日
JST資料番号: Z0839A  ISSN: 0916-7439  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
在来種を緑化資材として利用する際,当該地域の生物多様性を保全する配慮が必要で,遺伝的攪乱を生じさせない手法の確立が求められている。しかし,現在,ほとんどすべての在来種について,緑化に利用するための移動許容範囲に関する情報は蓄積されていない。本研究では,緑化資材として有用なチガヤについて,近畿地方における移動許容範囲を提示することを目的として,近畿地方由来の111系統とそれ以外の地方から採集した9系統を加えた合計120系統についてAFLP解析をおこなった。その結果,近畿地方におけるチガヤの遺伝的分化の程度は低く,明瞭な地域集団の分化は認められなかった。しかし,自生地の緯度にともなう変異が存在する可能性があった。これらの結果から,近畿地方でチガヤを緑化資材として利用する際には,その移動範囲はほぼ100kmを目安とすることが適切であろうと考えられた。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
公園,造園,緑化  ,  植物生態学 
引用文献 (32件):
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る