{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002218626629847   整理番号:10A1143746

グラウンドカバープランツ類のマット状の苗の生育に及ぼす補助資材として用いた防草シートの影響

Effects of nonwoven fabrics on growth of groundcovers planted with matted seedlings
著者 (2件):
資料名:
巻: 39  号:ページ: 15-20  発行年: 2010年10月31日
JST資料番号: Y0866A  ISSN: 0285-8800  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
法面にグラウンドカバープランツ類を植栽する場合,被覆が完成するまでの雑草の発生が問題となるが,雑草の発生を抑制する作用がある防草シートをマルチとして用いられる。特性の異なる防草シートをマット状苗の補助資材として使い法面に植栽した多年生草本のカバープランツ類の生育について検討した。その結果,ポリ乳酸繊維不織布では育苗期間中のカバープランツ類の生育がポリエステルおよびポリプロピレン不織布に比較して劣り,植栽直後の被度の低下が大きかった。その後はどの試験区も被度が高まり,当年の9月以降は90%以上で推移した。植栽直後は,ツルマンネングサの被度が高かったが,植栽3年目にはヒメイワダレソウおよびクリーピングタイムが優占した。防草シートを貫通した根の生育はポリエステル不織布で高かった。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
造園植物  ,  公園,造園,緑化 
引用文献 (14件):
もっと見る

前のページに戻る