{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002225375502970   整理番号:10A0228904

オオムギにおける閉花受精開花はマイクロRNA誘導のHvAP2 mRNA開裂の抑圧から生じている

Cleistogamous flowering in barley arises from the suppression of microRNA-guided HvAP2 mRNA cleavage
著者 (17件):
資料名:
巻: 107  号:ページ: 490-495  発行年: 2010年01月05日
JST資料番号: D0387A  ISSN: 0027-8424  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
閉花受精の開花は開く前にその花粉を落とし,この習慣を持つ植物は自家生殖となる。また,閉花受精は穀類の赤かび病感染を避けさせ,花粉媒介の遺伝子流動を最小にする。ポジショナルクローニングによりcleistogamy1(Cly1)を分離し,これはArabidopsis thaliana AP2のオーソロガス遺伝子である2つのAP2ドメインおよび推定上のマイクロRNA miR172標的部位を含む転写因子をエンコードしていることを示した。Cly1の発現は,鱗被原基内に集中していた。miR172標的部位における同義ヌクレオチド置換および閉花受精の間に完全な関連性を確立した。miR172に由来するCly1のダウンレギュレーションは鱗被の発達を促進し,閉花受精を確実にさせるとの結論を得た。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (4件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
麦  ,  生殖  ,  遺伝子発現  ,  生物学的機能 
引用文献 (1件):
  • ビール用大麦品種ゴールデンメロンの由来

前のページに戻る