{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002228508375720   整理番号:10A0327562

振動-流動層中のナノ粒子の凝集体サイズの計算用のモデル

Model for Calculation of Agglomerate Sizes of Nanoparticles in a Vibro-fluidized Bed
著者 (6件):
資料名:
巻: 33  号:ページ: 388-394  発行年: 2010年03月
JST資料番号: A0907C  ISSN: 0930-7516  CODEN: CETEER  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ナノ粒子が,粒子凝集体のガス流動層として作用することが分った。流動化凝集体の層に著しく適用された機械振動は,凝集体サイズを減少させ,チャネリングを除去する,ある程度まで最小流動化ポイントおよび層膨張をほとんど初期層深さのそれの2倍の限界まで促進した。振動は,サイズがより同じ凝集体を生成し,層の垂直の偏析を回避することを支援した。平均凝集体サイズは,層へ導入された振動エネルギーの増加とともに減少した。この情況では,振動数の影響を,振幅のそれよりもっと強調した。凝集体がクリープフロー流動化下のRichardson-Zaki法則に従う多孔性でない球体であるという仮定に基づいた簡易モデルは,平均凝集体サイズが単純層膨張データから確立されることを可能にした。予測された凝集体サイズは,層トップ表面および層中間の両方でサンプリングすることにより,実験的決定されたものとよい一致にあった。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
装置内の流れ  ,  粉体工学 
引用文献 (2件):
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る