{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002231146136391   整理番号:10A0859129

冷間圧延された銅板の等温再結晶過程のEBSDによる観察

EBSD Analysis of Re-Crystallization Process for Cold Rolled Cu Sheet
著者 (3件):
資料名:
巻: 49  ページ: 56-60  発行年: 2010年08月01日
JST資料番号: S0603A  ISSN: 1347-7234  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
圧下率95%で冷間圧延したタフピッチ銅に真空中で150°C,10~40分の等温熱処理を施し,FE-SEMにEBSDカメラを装填し,再結晶集合組織過程の結晶組織の変化を観察した。さらに,引張試験を行い,結晶組織変化との相関について調べた。等温熱処理により徐々に全方位<100>へ回転し始め,薄い板状組織を形成していた結晶粒はアスペクト比が低下して一旦結晶粒径が小さくなった。しかし,再結晶集合組織の成長につれて拡大し,各圧延方向に対し,{100}配向を持つ巨大なキューブ配向の結晶粒を形成した。この巨大結晶粒は複数の双晶を内包していた。等温熱処理によって引張強さが低下したが,低下の傾向は核生成から安定成長に移ると同時に緩やかになった。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
変態組織,加工組織 
引用文献 (6件):
もっと見る

前のページに戻る