{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201002232108297051   整理番号:10A1056281

大規模マイクロホンアレイを用いた発話方向実時間推定

著者 (4件):
資料名:
巻: 28th  ページ: ROMBUNNO.1H3-7  発行年: 2010年
JST資料番号: L4867A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ロボットと人とのコミュニケーションを実現するには話者の向きを推定することは重要である。筆者らは,拡張ビームフォーミングをもとに室壁に設置したマイクロホンアレイを用いて推定システム高精度な発話方向推定法を提案してきた。推定精度向上を目的に改良を行った結果,高精度推定が可能になったが,オフラインでの処理,計算量の多さから実時間での推定は不可能であった。実時間性向上を目的に実時間で推定可能なシステムを構築したが,精度が低いという問題があった。本報告では,実時間システムの精度低下の原因を調査し,その結果をもとにシステムを改良した。その結果,従来の実時間システムよりも高精度な推定が可能になった。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ロボットの運動・制御 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る