{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002249678757366   整理番号:10A1336791

音声認識技術の実用化への取り組み 2 携帯電話における分散型音声認識システムの実用化

著者 (1件):
資料名:
巻: 51  号: 11  ページ: 1394-1400  発行年: 2010年11月15日
JST資料番号: G0427A  ISSN: 0447-8053  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
携帯電話向け分散型音声認識システムの開発の背景とその経緯に触れつつ,KDDIがサービスを開始した携帯インターネットのための分散型音声認識システムについて紹介した。具体的には,まず,電話音声認識との組合せによる音声入力を実現する手順について述べ,システム構成,標準化,クライアントの携帯実装等について説明した。さらに,分散型音声認識のアプリケーションとして,乗換検索サービス,目的地検索サービス,社内電話帳等について紹介し,ユーザインタフェースの工夫として,発声パターンの表示,誤認識原因の推定・表示機能,認識処理の短時間化,修正しやすい認識画面等について解説した。携帯電話向け音声認識の今後にも言及した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
パターン認識  ,  移動通信  ,  計算機網 
引用文献 (5件):
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る