{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002264606415486   整理番号:10A1614009

全国高専カリキュラム調査の集約作業省力化

著者 (3件):
資料名:
巻: 46  ページ: 31-36  発行年: 2010年11月30日
JST資料番号: F0856A  ISSN: 0027-7568  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
平成21年度に独立行政法人国立高等専門学校機構により,全高専のカリキュラム調査が実施された。内容は,全高専における専攻科を含む全学科・全学年の授業科目について,約4,000人の教員を調査対象とする大規模かつ包括的な調査であり,学習内容,学習項目,学習時間などを詳細に記入する必要があった。その作業は,科目担当教員でなければ記入が困難と判断される調査内容であった。さらに,調査票を回収し,学科ごとに一つの電子ファイルにまとめるという集約作業が必要であった。これに対し,著者らは,調査票を集約する教員の作業量を軽減するために,集約を自動的に行うソフトウェア開発を行った。本論文では,カリキュラム調査内容の概要を整理し,集約作業を自動化するソフトウェアの設計及び実装と,その効果について述べる。専門学科の調査票を自動的に集約するソフトウェアは,Excel VBAマクロを使って開発した。集約作業を手作業で行う場合には,専従したとしても1日以上を要すると考えられる。それをマクロによる自動化で5分程度に短縮することができ,取りまとめの担当者の労力を大きく軽減することができた。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
その他の計算機利用技術  ,  科学技術教育 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る