{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002285805951890   整理番号:10A0338569

国産2MW風力発電機の二酸化炭素排出原単位の評価

The Evaluation of LC-CO2 Basic Unit of 2MW Domestic Wind Turbines
著者 (2件):
資料名:
巻: 76  号: 763  ページ: 377-379  発行年: 2010年03月25日
JST資料番号: F0036B  ISSN: 0387-5016  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
風力発電は環境負荷が少ないエネルギーで,風力発電設備の機器製造,輸送,土木・建設,運用・修繕をシステム境界としLCA手法により,運転期間を20年,設置場所を千葉県銚子市と想定しCO2排出原単位を再計算を行った。標準導入規模の国産2MW風車の2機種で,電力1kWhのCO2排出量は,これまでの300kW風車の29.5g-CO2から10.8~13.5g-CO2へ改善されることを示した。関係者で,設置場所の風況(設備利用率),風車基礎の土木・建設方法,運用・修繕,送電・所内ロスの各項目で,統一評価基準“プロダクトカテゴリールール”策定の必要性を説いている。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
風力発電 
引用文献 (6件):
  • ZERVOS, A. Global Wind Report 2008. http://www.gwec.net/fileadmin/documents/Global%20Wind%202008%20Report.pdf
  • HNDO, H. Evaluation of Power Generation Technologies based on Life Cycle CO_2 Emissions. 2000
  • HNDO, H. Solar Energy Japan. 2007, 33, 6, 3-8
  • ANDO, T. 29^ JWEA Symposium, 2008. 2008, 223-226
  • Japan Environmental Management Association for Industry. JEMAI-LCA Pro guide and explanatory
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る