研課題
J-GLOBAL ID:201004060273735782  研究課題コード:6000004206 更新日:2010年12月22日

卵子・胚におけるP糖タンパク質の発現量を増やす培養技術

実施期間:2007 - 2009
研究分野 (1件): 応用生物化学
研究概要:
体外受精後の発生培地にリファンピンを添加することにより、胚のP糖タンパク質量が増加し、凍結融解後の生存率が向上、移植可能胚数を増やすことができる。
キーワード (6件):
,  体外受精胚 ,  P糖タンパク質 ,  リファンピン ,  凍結 ,  生存率
プロジェクト名: 卵子・胚における生体防御機能解析技術を利用した胚生産
研究制度: 経常研究

前のページに戻る