研課題
J-GLOBAL ID:201004076376690438  研究課題コード:6000003780 更新日:2011年03月08日

ランタノイド系希土類金属の高精度分析法の検討

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究分野 (1件): 分析化学
研究概要:
昨今、ハイブリッド車の普及などでモーターの磁石に含まれるランタノイド系希土類金属への注目度が高まっている。生産管理や簡易的な分析は蛍光X線分析で行われているが、今後厳しくなるであろうこれらの元素の濃度管理には高精度分析法が重要となってくると考えられる。ICP発光分析ではこれらのランタノイド系希土類金属は波長の相互干渉が大きく、分析が非常に困難なものとされている。本研究ではネオジウム磁石の濃度範囲を想定し、発光分析の精度を検討するとともに、質量分析法も行い、その含有値評価法の高精度化を検討する。
キーワード (6件):
ランタノイド系希土類金属 ,  蛍光X線 ,  ICP発光分析 ,  干渉 ,  ICP質量分析 ,  ネオジウム磁石
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 塚原 秀和
研究制度: -

前のページに戻る