研課題
J-GLOBAL ID:201004086542587913  研究課題コード:6000003800 更新日:2011年03月08日

低温で酸素イオン伝導性を有する新規ジルコニア材料の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究分野 (1件): 機能材料・デバイス
研究概要:
燃料電池に用いられている酸素イオン伝導体であるジルコニアは、作動温度が1000°C程度と高いことがネックとなっている。そこで、新規な安定化剤(アルミナ等)を用いたジルコニア材料を作製することによって、より低温での酸素イオン伝導度を向上させることに成功した。本研究では、成形法を含む作製法、および酸素イオン伝導度が最大となる組成について、さらに検討することによって、従来より低温、かつ実用性の高い酸素イオン伝導度を持つ新規なジルコニア材料を開発する事を目指している。
キーワード (2件):
酸素イオン伝導 ,  ジルコニア
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 稲村 偉
研究制度: -

前のページに戻る