研課題
J-GLOBAL ID:201004088712429679  研究課題コード:6000003781 更新日:2010年02月24日

銅めっきとりん銅ろうの接合界面の制御に関する研究

実施期間:2009 - 2010
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究分野 (1件): 材料加工・処理
研究概要:
りん銅ろうは、それに含まれるりんが接合表面の酸化物を還元する作用を持つため、フラックス無しでもろう付けが可能であり、接合温度も比較的低温であるという特長を有する。したがって、冷凍機や給湯器などの熱交換器の銅冷媒配管に使用される銅および銅合金の継手は、りん銅ろうを用いたろう付けで接合されている。 本研究では、銅以外の金属材料にも応用する目的で鉄鋼基板上に銅めっきを施し、りん銅ろうとの接合を行い、良好な接合が可能な銅めっき皮膜の作製条件とりん銅ろうとの接合条件の検討を行う。
キーワード (3件):
ろう付け ,  りん銅ろう ,  めっき
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 岡本 明
研究制度: -

前のページに戻る