研究者
J-GLOBAL ID:201101002269252994   更新日: 2021年08月02日

浜地 貴志

Hamaji Takashi
所属機関・部署:
職名: 専任研究員
研究分野 (1件): 植物分子、生理科学
研究キーワード (20件): 緑藻 ,  性分化 ,  細胞内共生 ,  ミトコンドリア ,  葉緑体 ,  母性遺伝 ,  性決定 ,  ヘテロタリズム ,  ホモタリズム ,  配偶子 ,  遺伝学 ,  卵子 ,  精子 ,  雌雄の二極化 ,  藻類学 ,  比較ゲノム学 ,  有性生殖 ,  ボルボックス ,  クラミドモナス ,  進化生物学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 卵生殖出現をボルボックス系列緑藻で解明する性分化機構の進化発生学
  • 2016 - 2018 同型・異型配偶境界生物間の遺伝子発現プロファイル比較で解く雌雄性出現の分子基盤
  • 2011 - 2014 雌雄性の出現と進化を解く性決定遺伝子領域の比較ゲノム学
  • 2007 - 2010 精子と卵子の起源を探る:性染色体ゲノム比較による卵生殖の進化の解明
論文 (26件):
  • Kohei Takahashi, Hiroko Kawai-Toyooka, Ryo Otsuki, Takashi Hamaji, Yuki Tsuchikane, Hiroyuki Sekimoto, Tetsuya Higashiyama, Hisayoshi Nozaki. Three sex phenotypes in a haploid algal species give insights into the evolutionary transition to homothallism. Evolution. 2021
  • Kayoko Yamamoto, Takashi Hamaji, Hiroko Kawai-Toyooka, Ryo Matsuzaki, Fumio Takahashi, Yoshiki Nishimura, Masanobu Kawachi, Hideki Noguchi, Yohei Minakuchi, James G. Umen, et al. Three genomes in the algal genus Volvox reveal the fate of a haploid sex-determining region after a transition to homothallism. 2021. 118. 21. e2100712118
  • Mari Takusagawa, Yusuke Kobayashi, Yoichiro Fukao, Kumi Hidaka, Masayuki Endo, Hiroshi Sugiyama, Takashi Hamaji, Yoshinobu Kato, Isamu Miyakawa, Osami Misumi, et al. HBD1 protein with a tandem repeat of two HMG-box domains is a DNA clip to organize chloroplast nucleoids in Chlamydomonas reinhardtii. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2021. 118. 20. e2021053118
  • Yusuke Kobayashi, Masaki Odahara, Yasuhiko Sekine, Takashi Hamaji, Sumire Fujiwara, Yoshiki Nishimura, Shin-ya Miyagishima. Holliday Junction Resolvase MOC1 Maintains Plastid and Mitochondrial Genome Integrity in Algae and Bryophytes. Plant Physiology. 2020. 184. 4. 1870-1883
  • Gaouda H, Hamaji T, Yamamoto K, Kawai-Toyooka H, Suzuki M, Noguchi H, Minakuchi Y, Toyoda A, Fujiyama A, Nozaki H, et al. Exploring the limits and causes of plastid genome expansion in volvocine green algae. Genome biology and evolution. 2018. 10. 9. 2248-2254
もっと見る
MISC (12件):
  • 浜地 貴志. モデルと非モデルの境界が消える2050年. 植物科学の最前線. 2019
  • 浜地 貴志. ようこそゲノム編集 シモンさんとはじめるクラミドモナスのCRISPR/Cas9ワークショップ・イン京都. 「新光合成:光エネルギー変換システムの再最適化」月刊ニュースレター. 2019. 6. 19-20
  • 浜地貴志, 西村芳樹. ゲノム編集の時代における「緑の酵母」クラミドモナスの復権. 生物工学会誌. 2018. 96. 8. 475
  • Tsuchikane Y, Hamaji T, Ota K, Kato S. Establishment of a Clonal Culture of Unicellular Conjugating Algae. Journal of visualized experiments : JoVE. 2018. 137
  • 浜地 貴志. 第22回 海外研究室だより 米国カリフォルニア州ソーク研究所とミズーリ州ドナルド・ダンフォース植物科学センター. 日本進化学会ニュース. 2015. 16. 2. 23-27
もっと見る
講演・口頭発表等 (73件):
  • 3つの性表現型を持つ緑藻ボルボックス系列Pleodorina starriiの性決定機構の解析
    (日本植物学会第84回大会(オンライン) 2020)
  • 陸上植物系統において真核生物型DNAリガーゼIが葉緑体局在を獲得した分子基盤
    (日本植物学会第84回大会(オンライン) 2020)
  • 陸上植物で葉緑体DNAリガーゼがバクテリア型から真核生物型に移行した分子基盤
    (第61回日本植物生理学会年会(大阪) 2020)
  • シトクロムb6f複合体の蓄積に必要な新奇遺伝子の解析
    (第61回日本植物生理学会年会(大阪) 2020)
  • HMGタンパク質がクラミドモナスの葉緑体DNA凝集をコントロールする
    (第61回日本植物生理学会年会(大阪) 2020)
もっと見る
受賞 (3件):
  • 2014/09 - 日本植物学会 平成26年度若手奨励賞 雌雄二極化のモデル系統群・群体性ボルボックス目緑藻における性決定遺伝子領域の比較ゲノム学的研究
  • 2011/12 - First International Volvox Conference Best Platform Presentation Mating type locus of Gonium pectorale.
  • 2006/05 - Chlamydomonas meeting 2006 Eukaryotic Cell Special Recognition for Poster Presentations Identification of GpMID
所属学会 (3件):
Genetics Society of America ,  日本植物学会 ,  日本植物生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る