研究者
J-GLOBAL ID:201101003232811256   更新日: 2020年09月01日

山口 良文

ヤマグチ ヨシフミ | Yamaguchi Yoshifumi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 発生生物学 ,  医化学 ,  動物生理化学、生理学、行動学
研究キーワード (13件): 冬眠 ,  マクロファージ ,  肝臓 ,  時間生物学 ,  脂質代謝 ,  骨格筋 ,  神経管閉鎖 ,  包括脳ネットワーク ,  発生生物学 ,  カスパーゼ ,  細胞死 ,  イメージング ,  アポトーシス
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2022 冬眠モデル哺乳類シリアンハムスターの骨格筋可塑的リモデリング機構の解析
  • 2018 - 2021 冬眠する哺乳類の自発的な低体温誘導機構の解析
  • 2016 - 2019 哺乳類の冬眠耐性確立機構の解明
  • 2016 - 2019 計画的ネクローシスのライブセルイメージング
  • 2015 - 2019 日豪細胞死研究協議会を核とした細胞死研究国際コミュニティの形成
全件表示
論文 (29件):
  • Koji Numasawa, Kenjiro Hanaoka, Naoko Saito, Yoshifumi Yamaguchi, Takayuki Ikeno, Honami Echizen, Masahiro Yasunaga, Toru Komatsu, Tasuku Ueno, Masayuki Miura, et al. A Fluorescent Probe for Rapid, High-Contrast Visualization of Folate-Receptor-Expressing Tumors In Vivo. Angewandte Chemie (International ed. in English). 2020. 59. 15. 6015-6020
  • Shin Murai, Yoshifumi Yamaguchi, Yoshitaka Shirasaki, Mai Yamagishi, Ryodai Shindo, Joanne M. Hildebrand, Ryosuke Miura, Osamu Nakabayashi, Mamoru Totsuka, Taichiro Tomida, et al. Addendum: A FRET biosensor for necroptosis uncovers two different modes of the release of DAMPs. Nature Communications. 2019. 10. 1. 1923
  • Kohsuke Tsuchiya, Shinsuke Nakajima, Shoko Hosojima, Dinh Thi Nguyen, Tsuyoshi Hattori, Thuong Manh Le, Osamu Hori, Mamunur Rashid Mahib, Yoshifumi Yamaguchi, Masayuki Miura, et al. Caspase-1 initiates apoptosis in the absence of gasdermin D. Nature Communications. 2019. 10. 1. 2091
  • Hidenobu Miyazawa, Yukiko Muramatsu, Hatsune Makino, Yoshifumi Yamaguchi, Masayuki Miura. Temporal regulation of Lin28a during mammalian neurulation contributes to neonatal body size control. Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists. 2019. 248. 10. 931-941
  • Martínez-Lagunas K, Yamaguchi Y, Becker C, Geisen C, DeRuiter MC, Miura M, Fleischmann BK, Hesse M. In vivo detection of programmed cell death during mouse heart development. Cell death and differentiation. 2019
もっと見る
MISC (23件):
  • 姉川大輔, 姉川大輔, 三浦正幸, 山口良文. 低温の生物学と医学【哺乳類の冬眠を可能とする低体温耐性機構】. 月刊細胞. 2018. 50. 9. 477-479
  • 山口良文, 山口良文. 冬眠する哺乳類シリアンハムスターに学ぶ,冬眠可能な生体状態とは?. 岡山実験動物研究会報. 2018. 34. 10-16
  • 村井晋, 山口良文, 白崎善隆, 冨田太一郎, 赤羽悟美, 三浦正幸, 中野裕康. SMARTによるネクロプトーシス進行のタイムラプスイメージング. 日本Cell Death学会学術集会プログラム抄録集. 2017. 26th. 80
  • 村井晋, 山口良文, 山口良文, 白崎善隆, 中林修, 三浦亮介, 三浦亮介, 冨田太一郎, 赤羽悟美, 三浦正幸, et al. 計画的ネクローシスをモニターするFRETバイオセンサーによるDAMPs放出メカニズムの解明. 日本生化学会大会(Web). 2017. 90th. ROMBUNNO.3AT25-05(3P-1440) (WEB ONLY)
  • 仙波 宏章, 武田 憲彦, 砂河 孝行, 杉浦 悠毅, 本多 久楽々, 和氣 正樹, 宮沢 英延, 山口 良文, 三浦 正幸, 安部 元, et al. HIF-1α-PDK1経路を介した代謝リプログラミングによるマクロファージ遊走制御. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2016. 89回. [1P-033]
もっと見る
講演・口頭発表等 (44件):
  • 冬眠する哺乳類に学ぶ、長期寒冷下での白色脂肪と骨格筋の可逆的リモデリング
    (第23回アディポサイエンス研究会 2018)
  • 冬眠する哺乳類シリアンハムスターを用いた冬眠能の解析
    (モロシヌス研究会2018 2018)
  • Elucidating the roles and regulation of cell death in mammalian development and physiology
    (Australia-Japan Meeting on Cell Death 2018)
  • 冬眠する哺乳類シリアンハムスターの全身性代謝変化
    (生理研研究会「生命のエネルギー獲得戦略における多様性と共通原理の理解にむけて」 2018)
  • Understanding seasonal body remodeling in mammalian hibernation
    (KEY-Forum "Stem Cell Traits and Developmental Systems" (Kumamoto, Japan) 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • Ph.D (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2018/01 - 現在 北海道大学 低温科学研究所 教授
  • 2016/06 - 2017/12 東京大学 大学院薬学系研究科 准教授
  • 2007 - 2016/06 東京大学 大学院薬学系研究科 助教
  • 2006 - 東京大学 薬学研究科(研究院) 助手
所属学会 (7件):
日本筋学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本 Cell Death学会 ,  日本生化学会 ,  日本生理学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本発生生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る