研究者
J-GLOBAL ID:201101004465291690   更新日: 2020年10月23日

番原 睦則

バンバラ ムツノリ | Banbara Mutsunori
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 知能情報学 ,  ソフトウェア ,  情報学基礎論
研究キーワード (4件): 解集合プログラミング ,  論理プログラミング ,  制約プログラミング ,  命題論理の充足可能性判定 (SAT) 技術
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 先進的な知識表現および推論技術を基盤とした多目的最適化ソルバーの研究開発
  • 2018 - 2019 背景理論付き解集合プログラミングに関する研究開発
  • 2017 - 2018 解集合プログラミングにおける多目的最適化
  • 2015 - 2018 SAT符号化を用いた制約解集合プログラミングに関する研究開発
  • 2015 - 2016 解集合プログラミングによるシステム検証
全件表示
論文 (27件):
  • 竹内頼人, 田村直之, 番原睦則. 車両装備仕様問題に対する解集合プログラミングの適用. 日本ソフトウェア科学会第37回大会講演論文集. 2020. 49-L
  • 山田健太郎, 湊真一, 番原睦則. 解集合プログラミングを用いた配電網問題の解法に関する一考察. 日本ソフトウェア科学会第37回大会講演論文集. 2020. 3-L
  • Takehide Soh, Daniel Le Berre, Hidetomo Nabeshima, Mutsunori Banbara, Naoyuki Tamura. Fun-sCOP. XCSP3 Competition 2019 Solver Description. 2019. 2
  • Mutsunori Banbara, Katsumi Inoue, Benjamin Kaufmann, Tenda Okimoto, Torsten Schaub, Takehide Soh, Naoyuki Tamura, Philipp Wanko. teaspoon : solving the curriculum-based course timetabling problems with answer set programming. Annals OR. 2019. 275. 1. 3-37
  • 寸田智也, 宋剛秀, 番原睦則, 田村直之, 井上克巳. SAT技術を用いたペトリネットのデッドロック検出手法の提案. 情報処理学会論文誌. 2018. 59. 9. 1749-1760
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • 解集合プログラミングによるカリキュラムベース・コース時間割編成
    (第29回RAMPシンポジウム 2017)
  • SAT から解集合プログラミングへ
    (2017年度人工知能学会全国大会(第31回) オーガナイズドセッション「OS-2 SAT技術の理論,実装,応用」 2017)
  • SAT ソルバーの進歩
    (2017年電子情報通信学会総合大会 依頼シンポジウムセッション「組合せ最適化問題の発見的手法とそのVLSI CADへの応用」 2017)
  • University Course Timetabling with Answer Set Programming
    (The 3rd Workshop on Hybrid Reasoning for Intelligent Systems 2013)
学歴 (2件):
  • 1994 - 1996 神戸大学 数学専攻
  • 1989 - 1994 神戸大学 数学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (神戸大学)
経歴 (7件):
  • 2018/10/01 - 現在 名古屋大学 大学院情報学研究科情報システム学専攻計算論講座 教授
  • 2010/07/01 - 2018/09/30 神戸大学 情報基盤センター学術情報処理研究部門 准教授
  • 2013/07 - 2014/07 ポツダム大学 客員研究員
  • 2007/04/01 - 2010/06/30 神戸大学 学術情報基盤センター学術情報処理研究部門 准教授
  • 2003/04/01 - 2007/03/31 神戸大学 学術情報基盤センター学術情報処理研究部門 講師
全件表示
受賞 (3件):
  • 2018/09/15 - 情報処理学会 情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文 SAT技術を用いたペトリネットのデッドロック検出手法の提案
  • 2015 - 情報処理学会 システムとLSIの設計技術研究会 SLDM優秀論文賞 SAT型制約ソルバーを用いたナンバーリンクの解法
  • 2015 - 日本ソフトウェア科学会 日本ソフトウェア科学会 第20回研究論文賞 パッキング配列問題の制約モデリングとSAT符号化
所属学会 (3件):
人工知能学会 ,  情報処理学会 ,  日本ソフトウェア科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る