研究者
J-GLOBAL ID:201101004650632852   更新日: 2021年05月25日

佐藤 昭

サトウ アキラ | Satou Akira
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.otsuji.riec.tohoku.ac.jp/
研究分野 (2件): 電子デバイス、電子機器 ,  ナノマイクロシステム
研究キーワード (7件): プラズモニックTHz検出 ,  光無線融合 ,  プラズモン ,  HEMT ,  グラフェン ,  プラズマ波 ,  テラヘルツ波
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2021 - 2025 半導体二次元プラズモンの三次元整流効果とその超高感度テラヘルツ電磁波検出への応用
  • 2018 - 2022 グラフェンディラックフェルミオンのプラズモン異常不安定性とそのテラヘルツ機能応用
  • 2018 - 2021 二次元周期回折構造を有するプラズモニックTHzディテクタの研究
  • 2016 - 2021 二次元原子薄膜ヘテロ接合の創製とその新原理テラヘルツ光電子デバイス応用
  • 2016 - 2018 半導体二次元プラズモニックブームの発生とそのテラヘルツ応用
全件表示
論文 (280件):
もっと見る
MISC (1件):
書籍 (2件):
  • グラフェンの最先端技術と拡がる応用 -グラフェンの材料科学、成長・合成技術、各種デバイス応用-
    フロンティア出版 2012
  • グラフェンが拓く材料の新領域-物性・作製法から実用化まで-
    エヌ・ティー・エス 2012
講演・口頭発表等 (154件):
  • 格子ゲート構造プラズモニックTHz検出素子におけるゲート電極からの光起電圧出力に関する検討
    (第67回応用物理学会春季学術講演会 2020)
  • 光吸収層面積縮小によるUTC-PD集積HEMTの光ダブルミキシング効率向上
    (第67回応用物理学会春季学術講演会 2020)
  • 格子ゲート構造プラズモニックTHzディテクタのゲート電極からの光電流出力に関する検討
    (テラヘルツ応用システム時限研究専門委員会(THz)共催電子デバイス研究会 2019)
  • Sub-terahertz opt-electronics device technologies for B5G mobile communications networks
    (ITRI-Tohoku University B5G Workshop 2019 2019)
  • UTC-PD集積HEMTによる光-サブテラヘルツ波キャリア周波数下方変換
    (シンポジウム「テラヘルツ科学の最先端V」 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2008 会津大学 コンピュータシステム学専攻
  • - 2003 会津大学 ハードウェア学科
学位 (1件):
  • 博士 (会津大学)
経歴 (3件):
  • 2017/11 - 現在 東北大学 電気通信研究所 准教授
  • 2010/04 - 2017/10 東北大学電気通信研究所 助教
  • 2008/04 - 2010/03 会津大学 助教
委員歴 (4件):
  • 2020/06 - 現在 電子情報通信学会テラヘルツ応用システム特別研究専門委員会 副委員長
  • 2020/04 - 現在 応用物理学会東北支部 庶務幹事
  • 2016/11 - 現在 Russia-Japan-USA-Europe Symposium on Fundamental & Applied Problems in Terahertz Devices & Technologies 国際運営委員
  • 2019/06 - 2020/05 電子情報通信学会テラヘルツ応用システム特別研究専門委員会 幹事補佐
受賞 (4件):
  • 2016/08/25 - IEEE NANO 2016 Best Poster Award
  • 2014/06 - RJUS TeraTech-14 Outstanding Invited Talk
  • 2013/06 - みやぎ産業科学振興基金 研究奨励賞
  • 2011/11 - TeraNano 2011: 1st International Symposium on Terahertz Nanoscience Young Researcher Award
所属学会 (4件):
電子情報通信学会 ,  応用物理学会 ,  IEEE ,  Applied Physics Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る