研究者
J-GLOBAL ID:201101005381999252   更新日: 2020年12月31日

藤田 慶大

Fujita Kyota
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (6件): 神経形態学 ,  神経科学一般 ,  病態神経科学 ,  細胞生物学 ,  薬理学 ,  薬系衛生、生物化学
研究キーワード (5件): アルツハイマー病 ,  前頭側頭葉変性症 ,  ポリグルタミン病 ,  神経変性疾患 ,  中枢神経系
論文 (33件):
  • Hikari Tanaka, Hidenori Homma, Kyota Fujita, Kanoh Kondo, Shingo Yamada, Xiaocen Jin, Masaaki Waragai, Gaku Ohtomo, Atsushi Iwata, Kazuhiko Tagawa, et al. YAP-dependent necrosis occurs in early stages of Alzheimer's disease and regulates mouse model pathology. Nature communications. 2020. 11. 1. 507-507
  • Shin-Sheng Yang, Takayoshi Ishida, Kyota Fujita, Yuta Nakai, Takashi Ono, Hitoshi Okazawa. PQBP1, an intellectual disability causative gene, affects bone development and growth. Biochemical and biophysical research communications. 2020
  • 田中 ひかり, 近藤 和, 陳 西貴, 田川 一彦, Kerever Aurelian, 青木 茂樹, 斉藤 貴志, 西道 隆臣, 村松 慎一, 藤田 慶大, et al. 発達障害原因遺伝子PQBP1はアルツハイマー病態を制御する. 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S461-S461
  • Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Kyota Fujita, Kazuhiko Tagawa, Hitoshi Okazawa, Ken-Ichiro Kubo, Kazunori Nakajima. Drebrin-like (Dbnl) Controls Neuronal Migration via Regulating N-Cadherin Expression in the Developing Cerebral Cortex. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience. 2019. 39. 4. 678-691
  • Hikari Tanaka, Kanoh Kondo, Xigui Chen, Hidenori Homma, Kazuhiko Tagawa, Aurelian Kerever, Shigeki Aoki, Takashi Saito, Takaomi Saido, Shin-Ichi Muramatsu, et al. The intellectual disability gene PQBP1 rescues Alzheimer's disease pathology. Molecular psychiatry. 2018. 23. 10. 2090-2110
もっと見る
MISC (13件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • Targeting Tyro3 ameliorates a model of PGRN-mutant FTLD-TDP via tau-mediated synaptic pathology
    (第60回日本神経学会学術大会 2019)
  • ハンチントン病における新規ネクローシスTRIADの分子病態
    (第41回日本神経科学大会 2018)
  • Developmental YAPdeltaC determines adult pathology in a mouse model of spinocerebellarataxia type 1.
    (第59回日本神経学会学術大会 2018)
  • 抗酸化物質としての水素分子:“水素医学”の期待と将来
    (第20回日本病態生理学会大会病態生理学会サテライトセミナー 2010)
  • Hydrogen in Drinking Water Reduces Dopaminergic Neuronal Loss in the 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine Mouse Model of Parkinson’s Disease.
    (Kyushu Brain Days, International Student Symposium 2009)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士
経歴 (5件):
  • 2016/04 - 現在 東京医科歯科大学難治疾患研究所 神経病理学分野 助教
  • 2012/04 - 2016/03 東京医科歯科大学難治疾患研究所 神経病理学分野 特任助教
  • 2011/04 - 2012/03 日本学術振興会特別研究員 PD
  • 2008/04 - 2011/03 九州大学大学院薬学府 大学院生(博士)
  • 2006/04 - 2008/03 九州大学大学院薬学府 大学院生(修士)
受賞 (8件):
  • 2019/10 - 東京医科歯科大学 優秀研究賞
  • 2019/05 - 日本神経学会 第60回日本神経学会学術大会 一般演題 最優秀口演賞(基礎部門)
  • 2019/03 - 東京医科歯科大学難治疾患研究所 最優秀論文賞
  • 2018/03 - 東京医科歯科大学難治疾患研究所 優秀論文賞
  • 2013/03 - 東京医科歯科大学難治疾患研究所 優秀論文賞
全件表示
所属学会 (3件):
日本神経化学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る