研究者
J-GLOBAL ID:201101007180188780   更新日: 2021年01月19日

奥本 素子

Okumoto Motoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.museology-lab.com
研究分野 (4件): 科学教育 ,  教育工学 ,  博物館学 ,  文化財科学
研究キーワード (17件): 被災資料 ,  博物館学 ,  被災文化財 ,  ナラティブ ,  デジタルミュージアム ,  アーカイブ ,  博物館情報学 ,  コンセプトマップ ,  教育工学 ,  博物館経営学 ,  学芸員養成過程 ,  対話的手法 ,  博物館情報 ,  博物館経営 ,  博物館教育 ,  鑑賞教育 ,  サイエンスコミュニケーション
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 科学技術コミュニケーションにおける課題共創モデルの有効性 研究課題
  • 2015 - 2017 柔らかな科学コミュニケーションにおけるアナロジー活用のデザイン原則
  • 2012 - 2012 研究文化を表象する学術展示制作手法の開発と評価
  • 2012 - 2012 デジタルナラティブを利用した被災文化財情報の活用研究
  • 2010 - 2012 博物館学における新領域の基盤研究
全件表示
論文 (29件):
もっと見る
MISC (3件):
書籍 (1件):
  • おしゃべり科学 ひと晩で理系になれる最先端科学講義集
    カンゼン 2014
講演・口頭発表等 (12件):
  • モノとつながるエピソードデータベース 東北学院大学「牡鹿半島のくらし展」を通じて
    (日本文化財科学会大会研究発表要旨集 2015)
  • 3G2-L5 科学的概念の共有化のためのアート作品の効果の分析(科学教育の現代的課題(2),一般研究発表,学びの原点への回帰-イノベーティブ人材育成のための科学教育研究-)
    (年会論文集 2014)
  • 3G1-I1 研究文化を伝達するアート活用手法の開発とその効果の検証(教材開発(5),一般研究,次世代の科学力を育てる : 社会とのグラウンディグを進展させるために)
    (年会論文集 2012)
  • 越境する学び-大学院における全学教育
    (総研大ジャーナル = Sokendai journal 2010)
  • 情報学の明日を考える (特集 情報学の第4ステージ)
    (総研大ジャーナル 2010)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 総合研究大学院大学 メディア社会文化専攻
  • 2003 - 2005 Northumbria University,
  • 1999 - 2003 同志社大学 文化学科 美学および芸術学専攻
学位 (3件):
  • 博士(学術) (総合研究大学院大学)
  • MA(Museum Management) (Northumbria University)
  • 学士(文学) (同志社大学)
経歴 (10件):
  • 2017/03 - 現在 北海道大学 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP) 准教授
  • 2014/01 - 2019/03 東北学院大学 非常勤講師(博物館情報メディア論)
  • 2015/05 - 2017/02 京都大学 高等教育研究開発推進センター 特定准教授
  • 2009/10 - 2015/04 総合研究大学院大学 学融合推進センタ- 助教
  • 2012/09 - 2013/12 東北学院大学 非常勤講師(視聴覚教育メディア論)
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2020/08 - 現在 札幌市 札幌市環境影響評価審議会委員
  • 2019/04 - 現在 原型炉開発総合戦略タスクフォース 委員
  • 2017/05 - 現在 立命館慶祥高校 SSH 運営委員
  • 2016/08 - 2020/08 科学教育学会 編集委員、代議員
  • 2015/04 - 2016/12 科学技術コミュニケーション アドバイザー
全件表示
受賞 (1件):
  • 2011/06 - 日本ミュージアムマネージメント学会 学会賞
所属学会 (5件):
美術科教育学会 ,  日本科学教育学会 ,  全日本博物館学会 ,  日本ミュージアム・マネージメント学会 ,  日本教育工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る