研究者
J-GLOBAL ID:201101011141937837   更新日: 2020年09月01日

山本 亘彦

ヤマモト ノブヒコ | yamamoto nobuhiko
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/labs/neurobiol/index.html
研究分野 (3件): 神経科学一般 ,  医療薬学 ,  生理学
研究キーワード (25件): GFP ,  タイムラプス観察 ,  領野構造 ,  スライス培養 ,  軸索成長 ,  発生 ,  Eph受容体 ,  器官培養 ,  細胞移動 ,  遺伝子 ,  遺伝子発現 ,  層構造 ,  細胞分化 ,  軸索分枝 ,  軸索誘導 ,  神経活動 ,  軸索 ,  ラット ,  標的認識 ,  視床 ,  層特異性 ,  包括脳ネットワーク・育成支援委員会 ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・神経回路機能 ,  大脳皮質
競争的資金等の研究課題 (44件):
  • 2019 - 2022 神経活動依存的な回路形成を担う遺伝子発現調節のダイナミクス
  • 2016 - 2021 感覚入力特異的なスクラップ&ビルドによる大脳皮質内の多細胞ネットワーク形成機構
  • 2017 - 2019 大脳皮質ニューロンの後天的な軸索投射シフトの制御機構
  • 2015 - 2018 神経活動依存的な軸索分岐を担う細胞骨格制御機構
  • 2015 - 2017 iPS細胞を用いたヒト特有の神経回路形成に関する研究
全件表示
論文 (72件):
もっと見る
MISC (33件):
  • M. Hoshiko, I. Arnoux, A. Sanz-Diez, E. Audinat, T. Yamashita, N. Yamamoto. Development of microglia in the mouse primary somatosensory cortex. GLIA. 2015. 63. E15-E15
  • 植田尭子, 大西公平, 菅生紀之, 菅生紀之, 豊田峻輔, 豊田峻輔, 平山晃斉, 平山晃斉, 八木健, 山本亘彦. 生後発達過程の大脳皮質においてPolβ欠損神経細胞は2本鎖DNA切断を異常に蓄積させる. 日本生化学会大会(Web). 2015. 88th. 3P1312 (WEB ONLY)
  • E. Audinat, I. Arnoux, M. Hoshiko, E. Avignone, N. Yamamoto. MICROGLIAL CELLS INFLUENCE THE FUNCTIONAL MATURATION OF THALAMO-CORTICAL SYNAPSES IN THE DEVELOPING SOMATOSENSORY "BARREL" CORTEX. GLIA. 2013. 61. S30-S30
  • 菅生紀之, 森松賢順, 新井由之, 香束剛章, 大國紋, 野村泰伸, 柳田敏雄, 山本亘彦. 1分子イメージングによる転写因子CREBの動態解析. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2012. 35th. WEB ONLY 1W12II-2
  • Yasufumi Hayano, Makoto Takemoto, Yurie Maeda, Kazuhiro Kitada, Nobuhiko Yamamoto. Netrin-4 expression induced by sensory stimuli can regulate thalamocortical axon branching. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2011. 71. E68-E68
もっと見る
講演・口頭発表等 (28件):
  • Mechanisms of activity-dependent remodeling in neocortical circuits
    (Invited seminar in Korea Brain Science Institute (KBRI), Daegu, Korea 2018)
  • Molecular mechanisms of activity-dependent axon branching in neocortical circuits
    (The 5th International Symposium on Synaptic Transmission and Plasticity, Guangzhou, China 2018)
  • Activity-Dependent Mechanisms for Thalamocortical Circuit Formation
    (The 48th NIPS International Symposium, Neural circuitry and plasticity underlying brain function, Okazaki 2017)
  • Positive and negative mechanisms of activity-dependent circuit formation in the developing cortex
    (Molecular Neurobiology Program Seminar in New York University, New York 2016)
  • Positive and negative regulators for activity-dependent thalamocortical axon branching
    (International Symposium “Circuit construction in the mammalian brain, Osaka 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1980 - 1986 大阪大学 生物工学
  • 1976 - 1980 大阪大学 生物工学科
学位 (1件):
  • PhD (Osaka University)
経歴 (5件):
  • 2002 - 現在 大阪大学 大学院・生命機能研究科 教授
  • 1997 - 大阪大学 大学院・基礎工学研究科 助教授
  • 1994 - 1996 大阪大学 基礎工学部 助教授
  • 1990 - 1993 京都府立医科大学 医学部 講師
  • 1986 - 1990 京都府立医科大学 医学部 助手
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る