研究者
J-GLOBAL ID:201101014746912894   更新日: 2020年09月16日

金丸 敏幸

カナマル トシユキ | Kanamaru Toshiyuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/70435791
研究分野 (1件): 外国語教育
研究キーワード (13件): 自己決定理論 ,  ESP ,  フランス語学習 ,  自律学習 ,  ICT ,  学習者のコスト ,  CALL ,  動機づけ ,  語彙 ,  ライティング ,  英語教育 ,  期待×価値理論 ,  EAP
論文 (36件):
  • マスワナ紗矢子, 渡寛法, 飯島優雅, 渡辺敦子, 高橋幸, 金丸敏幸, 田地野彰, 寺内一. 日本におけるEAP教員コンピテンシー枠組み構築の試み-BALEAP学会による枠組みの日本語試訳を通じて-. JAAL in JACET Proceedings. 2019. 1. 46-51
  • 桂山 康司, 高橋 幸, 金丸 敏幸, 笹尾 洋介, ティモシー, スチュワート, デビッド ダルスキー, 田地野 彰. 京都大学における英語教育改革-ライティング-リスニングコースに焦点を当てて-. 京都大学国際高等教育院紀要. 2018. 1. 111-121
  • 飯島 優雅, 渡辺 敦子, マスワナ 紗矢子, 渡 寛法, 堀 晋也, 高橋 幸, 金丸 敏幸, 田地野 彰, 寺内 一. 日本の大学における学術英語カリキュラムの現状と課題-実態調査結果を踏まえて-. 京都大学高等教育研究. 2016. 22. 96-98
  • Hosogoshi, K, Kanamaru, T, Takahashi, S. Scaffolding skill-integrated tasks for academic English: With special reference to students’ proficiency. Kyoto University Researches in Higher Education. 2016. 22. 21-30
  • Sayako Maswana, Toshiyuki Kanamaru, Akira Tajino. Move analysis of research articles across five engineering fields: What they share and what they do not. Ampersand. 2015. 2. 1-11
もっと見る
MISC (89件):
  • 黒田航, 横野光, 阿部慶賀, 土屋智行, 浅尾仁彦, 小林雄一郎, 金丸敏幸, 田川拓海. Insights from a large scale web survey for Acceptability Rating Data for Japanese (ARDJ) project. 言語処理学会第25回年次大会発表論文集. 2019. 253-256
  • 黄海洪, 金丸敏幸. コーパスを用いたビジネスカタカナ語語彙リストの構築. 言語処理学会第25回年次大会発表論文集. 2019. 1507-1510
  • Haihong, H, Kanamaru, T. The Construction of a Business Katakana Word List Using an Instant Domain Specific Web Corpus and BCCWJ. Fourth Asia Pacific Corpus Linguistics Conference (APCLC 2018). 2018
  • 金丸 敏幸, 山下 仁司, 東 淳一. 人工知能によるスピーキングの自律学習支援と自動評価の可能性. 外国語教育メディア学会第57回全国研究大会発表予稿集. 2017. 110-115
  • Mizumoto, A, Kanamaru, T, Ohnishi, A. Impacts of a Genre-based Writing Support Tool on Genre Awareness. Faces of English 2:Teaching and Researching Academic and Professional English. 2017
もっと見る
特許 (2件):
  • データ種類検出装置及びデータ種類検出方法
  • [要修正] データ処理装置及びデータ処理方法
書籍 (12件):
  • 認知言語学大事典
    朝倉書店 2019 ISBN:9784254510584
  • Tajino, A. (ed). A systems Approach to Language Pedagogy
    Springer Nature Singapore 2019
  • BIG DIPPER English Communication III
    数研出版 2018
  • Tajino, A. (ed). A new approach to English pedagogical grammar: The order of meanings
    Routledge 2018
  • BIG DIPPER English Communication II
    数研出版 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (44件):
  • 「意味順」で英語を使ってみよう!
    (大阪信愛女学院中学校特別講演 2019)
  • 「意味順」で英語を使ってみよう!
    (雲雀丘学園中学校・高等学校特別講演 2019)
  • 「意味順」で学ぶ英語の仕組み・TOEFL Junior講座
    (ノートルダム女学院中学校・高等学校特別講演 2019)
  • 「意味順」で学ぶ英語の仕組み
    (京都外大西高等学校 体育コース特別講座 2019)
  • 「意味順」で学ぶ英語の仕組み・TOEFL Junior講座
    (園田学園中学校特別講演 2019)
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2008 - 京都大学 大学院・人間・環境学研究科 助教
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る