研究者
J-GLOBAL ID:201101017702913841   更新日: 2021年04月05日

丸野 健一

マルノ ケンイチ | Maruno Kenichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.f.waseda.jp/kmaruno/
研究分野 (3件): 数理解析学 ,  数学基礎 ,  応用数学、統計数学
研究キーワード (7件): シミュレーション ,  差分方程式 ,  ソリトン ,  水面波 ,  非線形波動 ,  数理物理 ,  可積分系
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2022 海洋における大振幅・非線形波動の数理モデルと解析
  • 2018 - 2021 可積分系の離散的方法を基盤とした非線形波動解析のための計算アルゴリズムの開発
  • 2016 - 2018 離散微分幾何に基づく離散時間幾何モデルの構築
  • 2015 - 2018 可積分系理論を基盤とした大変形現象の数値計算のための自己適合移動格子法の開発
  • 2006 - 2006 高次元ソリトン方程式が生成する波動パターンの数理解析
全件表示
論文 (51件):
  • 志波直明, 田中悠太, 丸野健一. Pfaffian 解を持つ Hungry Lotka-Volterra 型方程式. 津田塾大学数学・計算機科学研究所所報 オンライン研究集会「非線形波動から可積分系へ」(2020). 2021. 42. 83-92
  • 丸野健一, 太田泰広. 一般的な境界条件での自己適合移動格子スキーム. 津田塾大学数学・計算機科学研究所所報 オンライン研究集会「非線形波動から可積分系へ」(2020). 2021. 42. 93-102
  • 常松愛加, 田中悠太, 丸野健一. ソリトン方程式の nonlocal reduction と delay reduction. 九州大学応用力学研究所研究集会報告. 2020. 2019AO-S2. 144-150
  • 田中悠太, 丸野健一, 児玉裕治. BKP 方程式のソリトン解の分類. 九州大学応用力学研究所研究集会報告. 2020. 2019AO-S2. 31-36
  • Junchao Chen, Liangyuan Chen, Bao-Feng Feng, Ken-ichi Maruno. High-order rogue waves of a long-wave-short-wave model of Newell type. PHYSICAL REVIEW E. 2019. 100. 5
もっと見る
MISC (15件):
  • 丸野 健一. 越境する可積分系 : 数理モデルとアルゴリズム (特集 ひろがりゆく可積分系の世界). 数学セミナー. 2019. 58. 3. 12-16
  • 城戸真弥, 田中悠太, 渡邉靖之, 丸野健一, 筧三郎. ある2次元ソリトン方程式の解とネットワーク. 日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM). 2018. 2018
  • 金泉大介, 丸野健一. q-Bessel関数の積分表示とq-超幾何関数を用いる精度保証付き数値計算法. 日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM). 2017. 2017
  • 徐俊庭, 丸野健一, FENG Bao-Feng, 太田泰広. Modified short pulse方程式の可積分自己適合移動格子スキーム. 日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM). 2016. 2016
  • 丸野健一, 梶原健司, 井ノ口順一, 太田泰広, FENG Baofeng. 自己適合移動格子スキームとミンコフスキー平面上の離散曲線の運動について. 日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM). 2014. 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • 自己適合移動格子スキームの最近の進展
    (研究集会「非線形海洋波の数理とその応用」 2021)
  • 一般的な境界条件での自己適合移動格子スキームと数値計算
    (日本物理学会第76回年次大会 2021)
  • 多ソリトン解を持つ可積分系の遅延化
    (日本応用数理学会第17回研究部会連合発表会 2021)
  • SIR モデルの解構造を保存する離散化と厳密解
    (日本応用数理学会第17回研究部会連合発表会 2021)
  • Pfaffian 解を持つ Hungry Lotka-Volterra 型方程式
    (オンライン研究集会「非線形波動から可積分系へ」津田塾大学数学計算機科学研究所 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1996 - 1999 九州大学大学院
  • 1994 - 1996 九州大学大学院
  • 1990 - 1994 大阪府立大学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (九州大学)
経歴 (9件):
  • 2017/04 - 現在 早稲田大学 理工学術院基幹理工学部応用数理学科 教授
  • 2014/04 - 2017/03 早稲田大学 理工学術院基幹理工学部応用数理学科 准教授
  • 2011/09 - 2014/03 The University of Texas - Pan American Associate Professor
  • 2006/09 - 2011/03 The University of Texas- Pan American Assistant Professor
  • 2003/12 - 2006/08 九州大学 数理(科)学研究科(研究院) COE特任助手
全件表示
所属学会 (3件):
日本応用数理学会 ,  日本流体力学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る